新着Pick
1378Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
全体の25%をアフターサービスで稼いでいるのがポイントだと思います。記事で書かれている顧客のロイヤリティを高める効果もありますが、運営している中で課題を見つけ改善することで機材や運営のレベルアップに繋がっていると思います。サブスクモデルでもあるので、企業のキャッシュフローが安定することも、財務状メリットがあります。海外と日本の制約条件の違い(海外は大規模な倉庫だが、日本は小規模な倉庫を回転率高く回すので、運営方法が異なるとか)への対応法とか知りたいです。
ダイフク、10年位前に見ていた会社で、その頃に比べて時価総額が10倍ほどになっている。すごい成長。
世の中で物流やその自動化の重要性が見つめなおされている点が、業績(特に売上)を伸ばし、さらにマルチプルを一気に引き上げた。地域的には北米が伸びたのが大きい。

ただ、知見というか付加価値を考えると、もっと利益を上げていけるポテンシャルがあると思っている。
同社自体は様々な部品を購入して、組み合わせることでマテハン機器の製造やインテグレーションを行う。自動車メーカーに近く、原価率が高いし、売上が変動すれば購入を減らすので一定安定。それゆえ粗利率は売上が伸びていく中でも2割前後。売上が伸びる中で販管費の伸びはそれより小さいので、営業利益率は昔の5%前後から10%前後までに伸びているが、それでも10%前後ともいえる。

様々な企業にマテハン機器を提供してきたからこそ、自動化によるROIが十分ある状態だと思う。素人意見ではあるが、もう一息値上げをしたりできないか。あとは一定の保守も必要な中で、足元は売上増加が大きいから数値として見えないのかもしれないが、一般論として保守・サービスのほうが利益率高いので、その蓄積を含めてももっと粗利率・営業利益率が高くなるポジションにはあると思うが、どうなっていくか。
株価はそこまで含めた期待?ただこういう有形固定資産は景気逆回転の際には投資も一気に落ちる。こういう装置系企業の一般論としては、業績好調な中での現在のバリュエーション(PERで40倍前後、EV/EBITDAで25倍前後)はかなり高め。
これは面白い!物流センターや倉庫の効率化、自動化を支える企業に着目した良い記事です。ニトリはダイフクとの取引始めたのとても早かったんですね。日に新た館、見てみたいと思いました。
新興企業によって物流業界のDX化が急速に進行している中、ダイフクのように40年も前からコツコツと取り組んできた企業の動向は非常に参考になります。やはり新興企業では一朝一夕で築きえないのは、次に来る技術とターゲット市場の目利きの力。

私自身の本業のレッドハットも、10-20年に及ぶオープンソースコミュニティとの付き合いがあるからこそ、ITにおける技術の目利き力が鍛えられ、今のクラウド時代の新技術を次々と取り込めていると感じます。

そしてテクノロジー業界でもこれからどんどん注目されると思われるのが、ダイフクのようなサービスの充実具合。既存のお客様への丁寧なカスタマーサービスの提供は、従来から存在するものの、より差別化要因となっていくと予想されます。

目利き力を活かし、M&Aを活発に活用することで新しい技術や業界へ踏み入れており、順調な成長を見せているダイフク。「Made In Japan」が誇るクオリティと効率化を実現する日本企業としての存在感を断固たるものにしてもらいたいです。
ファナックやTSMCの時同様
有名だけど実は何やってるかよくわかんない企業を図解でわかりやすくしてくれる記事シリーズ好きです!
記事中、2000年代にナイキがありましたが、富里CSC開設時にちょうど入社したくらいです。自動倉庫を間近に見られた経験はよかったのかもしれません。当時の私の所属はITで、ロジスティクスとも重なりありながらも別部署だったのですが、ダイフクさんはその当時お名前は伺ってました。ダイフクさんの詳しい歴史は知ってなかったので、この記事で歴史とか知られて面白かったです。

やっぱり物流とかやられてないと無名なんですか
ね?
ダイフクの株買おうと思って忘れてた…
黒子というには、記事の通り広く、マテハンを
カバーされていると思います。
どんどん、倉庫でも工場でも一体となった装置になっていっていますが
どこまでをスコープと見ていらっしゃるでしょうか。
この会社の存在を知りませんでした。なんかファナックやキーエンスを知った時と同じ感覚。。
全く知らなかった黒子企業「ダイフク」。
マテハン(マテリアルハンドリング)という分野も知りませんでしたが、大変失礼ながら全く存じ上げませんでした。

FA(Factory Automation)は知っていて、ファナック社とかがすぐ浮かぶのですが、それをさらに超えた領域の事業をやられていて、多くの有名企業を支えているというのは全く知りませんでした。

今後も「ダイフク」には着目していきたいと思います。
この連載について
EC拡大などで、物流倉庫の効率化が叫ばれる中、楽天やファーストリテイリングが頼る日本企業がある。その名もダイフク。実は物流のみならず、約60年前からトヨタなど日本の製造業の躍進を陰で支える、知る人ぞ知る名門企業だ。そんな最強の黒子を解剖する。
トヨタ自動車株式会社(トヨタじどうしゃ、英語: Toyota Motor Corporation)は、日本の大手自動車メーカーである。通称「トヨタ」、英語表記「TOYOTA」、トヨタグループ内では「TMC」と略称される。豊田自動織機を源流とするトヨタグループの中核企業で、ダイハツ工業と日野自動車の親会社、SUBARUの筆頭株主である。TOPIX Core30の構成銘柄の一つ。 ウィキペディア
時価総額
32.4 兆円

業績

株式会社ダイフク(英: Daifuku Co., Ltd.)は、大阪市西淀川区に本社を置く物流システム、立体式の自動倉庫のメーカーである。自動車生産ラインのコンベヤシステム、洗車機、電子機器用部品などの製造も手がけている。 ウィキペディア
時価総額
1.31 兆円

業績

株式会社ファーストリテイリング(英語: Fast Retailing Co., Ltd.)は、株式会社ユニクロなどの衣料品会社を傘下にもつ持株会社である。東京証券取引所第一部上場。世界のカジュアルの企業の中での売り上げは第3位である。 ウィキペディア
時価総額
7.72 兆円

業績