新着Pick
39Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
ちょうど先日別のインタビュー記事(VOGUE)で

「選挙活動中、『無理だよ、ファーストレディになったら、教師の仕事はできない』とずっと言われてきた。私は『なぜ出来ないの?あらゆることを可能にするんじゃなかったの?』って反論していた」

「あきらめたいものなんてある?ということ。何もない。むしろもっと増やしたいくらいだけれど、それは無理なのは分かっている。集中して、きちんとやり遂げたいから」

と発言されていて、たぶん多くの働く女性が(Dr.バイデンほどの立場じゃなくても)思ってるはずだなぁ、と思っていました。


1つめのコメントなんかは、これから社会が向かっていく方向、国連が定める持続可能な開発の5つのP(人間(People) 、豊かさ(Prosperity) 、地球 (Planet)、平和 (Peace)、パートナーシップ(Partnership))のうち:

・People:すべての人間が尊厳を持ち、平等に、かつ健全な環境の下でその潜在能力を発揮できるようにする

を体現しているようで、本当に希望だな、と思っています。
日本もそういう社会にしていきたい。
博士号、フルタイム就業、共働きのファースト・レディ。これからの時代の象徴のように感じます。

21世紀が本当に性別や障害に関わらない時代になれるのであれば、男尊女卑の20世紀までとは時代区分が変わるくらいの大きなうねりです。
ー 「ホワイトハウス外でフルタイムで働く初の大統領夫人」だとしている。ジル氏は週2回、作文の授業を担当。 ー

フルタイムじゃないじゃん、というツッコミはさておき、ジルさんは近年ではずば抜けて有能かつライカビリティも高いファーストレディーだと思う。
ワーキングファーストレディ、いいじゃないですか。ジルさんは、大統領就任式でアマンダゴーマンの朗読を実現させた張本人でもあります。アマンダさんが議会図書館で行った朗読パフォーマンス映像に感銘を受けて推薦、実現したものです。その辺の感度が素晴らしいのでしょう。大学でその授業をもぐり受講したい気分です。
このスーパーおばあちゃん、まじ尊敬する。
ステキ。

アメリカのコミカレって必ずしも恵まれた境遇の人がいくとこじゃないから、そこで教えるのも意義がある。でも、ボディガードとか警備は凄そうね。
副大統領時代から、コミュニティカレッジで英語の先生やってたのかあ。なかなかできるもんじゃない。素晴らしい。
大統領の夫人である前に「教育学博士号を持つベテラン英語教師」であるといいうことですね。いいなぁ(セキュリティ担当は大変....?笑)