新着Pick
89Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
Practicalな問題はここでは置いておき、現状のエビデンスだけ解説します。

あるモデル研究によると、検査頻度が十分に高ければ、いくら感度の低い検査とはいえ累積の感染率を下げることに成功する可能性があるとされています。ただし、感染を十分に特定するための最適な頻度と期間は確立されていませんので、ではどのような頻度でやればいいかの答えは分かりません。つまり、実際に実施されることになれば、残念ながらその頻度は「感覚で決めました」ということになるでしょう。

また、例えば、感染率の低い地域に住んでいる無症状の人を検査する場合、抗原検査の陰性はほぼ結果通りに解釈することができるので、「感染していない」ことの確認には使えそうです。一方、陽性の場合にはすぐに診断とはならず、PCR検査によるダブルチェックが必要になります。この際、PCRで陰性であれば、抗原検査が陽性でも偽陽性と判断され、抗原検査陽性だが、感染していないと判断されます。

これを読んでいるうちに混乱された方もいらっしゃるかもしれませんが、検査結果の解釈というのはそんなに単純ではないということがお分かりいただければと思います。

引用文献:https://jamanetwork.com/journals/jamanetworkopen/fullarticle/2768923
なんでPCR検査がデフォみたいなおかしな風潮になってんのかね。インフルエンザなんて症状でてから抗原検査が普通だったのに、、、
記事を読むと、教員向けとのことですが、児童にも親の許可の元、使用可能で学校で先生が以下を行うのだという。

抗原検査キットをいくつか自分で使ったけれど、これが1番嫌です。。。

-- 
文科省の手引によると、検査を受ける人は綿棒を自分で鼻腔の入り口から2センチ程度挿入。5回程度回転させ、さらに5秒程度そのままにする。児童生徒の場合は教職員が立ち会うが、綿棒を奥まで入れすぎないようにしたり、くしゃみが出た場合に飛沫を浴びないようにしたりするなど、細心の注意が求められる。
海外ではず~と前から、個人で購入可能(アメリカで$12、オランダで$3.5)で、イギリスとかはただでみんなに配ってます。専門家の許可がないと難しいなどと難癖をつけてるのは日本だけでは?

https://twitter.com/Hiroshi_Tsuji/status/1435583083084877824?s=19
医学的観点から見れば抗原検査はPCRに比べて劣り、記事内でもおっしゃる様に「ワクチンとPCR」というのはその通りです。しかし社会をどう回すか、と言うことを考えた時には抗原検査は非常に有用である可能性を秘めています。

医療機関などでPCR機器を自前で揃えていない限り、基本的にPCRは結果が出るのは翌日です。発熱した児童がいたとして、PCRを行い、翌日に結果が出るとすると、その日どうするかという問題が生じます。児童を全員返して自宅待機にするのかなど、「1日は手探り」で考えねばなりません。
長い目で見れば、発熱者が出るたびにこれをやっていては、登校日数が大幅に減少する可能性すらあります。
唾液PCRはたしかに簡便で有用ですが、翌日の結果になるのは大きなデメリットで、ここをカバーできる抗原検査は有用である可能性があります。
またコスト面でも優れ、反復検査も(数が揃えば)しやすいのもメリットです。

もちろん一緒に的確な教育は必要です。「呼吸器症状があるが、抗原検査が陰性だったので感染していないと思い、本人への対応をしなかった」などの事が起きないように、学校医や教員への教育は不可欠でしょう。
しかし、もはや初期の様に完全な鎮圧を目指すのはほぼ無理である以上、それぞれの検査特性を活かした対応が必要です。
イギリスでは、抗原検査キットは無料で皆さん自分でやっています。

先生に出来ないとは思えないですが…
体調悪かったときに即時で検査結果が出せる抗原検査で確認する、という目的にみえます。いや、そもそも体調悪かったら自宅に返して検査するなら病院でやれば?と思いますけどね。仕事している親への配慮かもしれませんが、日本人働きすぎ。