新着Pick
24Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
GMクルーズは自動運転のスタートアップであるクルーズ社を2016年にGMが買収。筆頭株主はGM(85%)、2位がソフトバンクビジョンファンド(19.6%)、3位がホンダ(5.7%)です。

EVに関してもGMとホンダはプラットフォームの共通化を進めており、双方の資本関係はないものの、完全に「GM、ホンダ連合」と呼べる関係です。

GMは2035年に全販売モデルの電動化を目指しており、ホンダも2040年に全新車の電動化を発表しました。ともにハイブリッドやプラグインハイブリッドを含みません。

ホンダは二輪部門に較べて四輪部門の収益率が低い。二輪部門についても電動化の波が押し寄せており、今後は二輪、四輪ともに多額の研究開発費がかかります。
今後はGMとの連携が一層強まると思います。
GMのクルーズは技術力のある自動運転スタートアップなので、Teslaのように走行データや車載カメラ映像などを吸い上げて学習する仕組みをリリースできれば、高精度な自動運転サービスは実現できそうではある。
ホンダは個人で保有する乗用車の自動運転技術は独自に磨くが、モビリティサービス車両の自動運転技術はGMとの協業で高める方針で、技術実証では、ホンダとクルーズが共同で開発作業に取り組み、栃木県のホンダ施設内に拠点を新設して行うそうです。

ホンダのリリースはこちら。
https://www.honda.co.jp/news/2021/c210908.html
「ホンダ・GMがEV共通化 脱炭素、生き残りへ規模確保」(日本経済新聞、9月6日)
https://newspicks.com/news/6165605
時価総額
9.38 兆円

業績

本田技研工業株式会社(ほんだぎけんこうぎょう、英称: Honda Motor Co., Ltd.)は、東京都港区に本社を置く日本の輸送機器及び機械工業メーカーであり、四輪車では、2015年度販売台数世界第7位、二輪車では、販売台数、売上規模とも世界首位で、船外機は販売台数世界第4位である。 ウィキペディア
時価総額
6.19 兆円

業績