新着Pick
146Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
新自由主義をやめる、分配優先という主張と、財政拡大・成長追求という主張は、必ずしも整合的ではない。
人気 Picker
経済が力強く成長する中で格差が拡大した米国と異なり、格差を表わす日本のジニ係数は、当初所得でこそ拡大しているものの、再分配後では縮小傾向が続いています。年収1千万円前後の中間層も富裕層と見做して税金や社会保険料が上げる我が国の再分配政策は、かなり有効に働いていそうです。
https://www.mhlw.go.jp/stf/wp/hakusyo/kousei/19/backdata/01-01-08-09.html
低成長の中で貧困世帯が増える我が国の真の問題は、格差の拡大自体より、国民全体が貧しくなって、格差が強く意識されるようになったところにあるというのが実態でしょう。
グローバル化を背景に経済規模、即ち分配する所得の原資が膨らむ中で格差が拡大した米国等では、怒りの矛先がグローバル化を進めたエリート層とグローバル化で仕事を奪った移民等に向かって分断が加速しましたが、低成長の中で多くの人が貧しくなった我が国では、金融緩和と財政支出で経済規模を拡大しない政府に怒りが向かったように感じます。
「大胆な金融緩和、財政出動、成長戦略によるデフレ脱却」を掲げたアベノミクスは、政権交代直後に10兆円の補正予算を組んで公共事業を前年対比で大きく積上げて、2度の“黒田バズーカ”でドル円相場を80円前後から120円を超える円安に導いた当初こそ成功したように見えたものの、そのカンフル効果が切れて一旦停滞気味になった後は、海外経済の好調による輸出の増加が頼りの成長で、成長戦略という名の構造改革が進まない中、日本の実力である潜在成長率は落ち続けたのが実態です。
金融緩和と財政支出で日本が強くなるものなら、世界に先駆けてゼロ金利政策を導入し2000年代初めに量的緩和を編み出し、アベノミクスノ中で日本銀行のバランシートをGDPの135%(FRBは40%、ECB50%程度)まで極端に拡大し、政府の借金をGDP対比で世界最大規模に積み上げて財政支出を続けた日本が、これほどまでに停滞を続ける筈がありません。
全体のトーンを見ると世論や既得権益の反発を受け難い金融緩和と支出拡大による”優しさ”の演出に傾いて、メディアと世論、そして既得権益層の反発が予想される成長戦略は「専任大臣の設置」といった組織対応が主体で具体的に進める気迫が感じられないところに何とはなしに不安を覚えます (・・;ウーン
分配以前に歳出拡大に伴う経済の正常化を優先しないと失敗するでしょう。
高市氏も発言している金融所得税制についても、増収効果が限定的に割にマクロ経済へのダメージは甚大なものになりかねないでしょう。
アベノミクスへの反旗のようにも見えますが、あの竹中平蔵さんまでがベーシックインカムを提唱する時代なので、この政策自体は党内にも受け入れられると思います。ただ、岸田氏も立ち位置が難しくなりました。そもそもは菅氏を仮想敵に立てていた戦略です。その菅氏は安倍政権を引き継いだわけで、まともに闘うと、安倍氏まで批判することになるので、射程距離を綿密に計算していたと思います。その菅氏が突然いなくなり、射程距離の取り方を測り直す必要が出てきました。森友事件の再調査発言に安倍氏が怒り、高市氏の支援を強く打ち出したとも言われていますが、そうしたアクシデンタルオフサイドのような出来事も、射程距離の難しさを表していると思います。あとは、誰が立候補するのかで戦略を練る直す必要もあるでしょう。河野氏らが「自民党を変える」と言うのか、言わないのかで、岸田氏も改革派になるかどうかを決めなければなりません。
原子力技術や人材維持の重要性は、廃炉や安全保障の点から大切です。一方で、既存原発の再稼働は支持がわかれるでしょう。

BS-TBSの番組で、森友問題について「国民が納得するまで説明を続ける」と述べたものの、きのうは再調査は必要ない・・・とするなど、当初の「党執行部刷新」のインパクトからすると、発言が揺れています。
国民の一体感を取り戻す点で、金融所得税制を考え直す必要がある、というロジックは、すんなり腹に落ちない。株式の売買益などの金融所得は一部の富裕層のものだというステレオタイプに引きずられないことが必要です。貯蓄から投資への資金の活性化に関する取り組みや、若い世代が乗り出し始めた資産形成のための投資などとの折り合いをどうつけていくのか?詳しいお話を伺いたいところです。
問題認識を国民とどう共有し、共感を得るかという点が全く感じられない。本来、その上でのビジョン、戦略、政策ではないのか?

なんの目標目標達成していないアベノミクスに対する総括ができない、もしくはしないで済まそうとして、政策の継承を語る不誠実さが、極まりない。新自由主義の是正が、虚しく響く。それで分配政策を語っても、国民は、納得しない。

安倍、菅政権の総括無しに、次期政権運営は、短命に終わるだろう。
前、前々政権が、国民との信頼関係を毀損したからだ。
これは随分ブレましたね。脱小泉とはまた古い話を持ち出しました。敵が菅首相だけなら論点絞れたんですが、敵が多くなってきたので、これは埋もれそうです。財政再建はするけど積極的にばら撒きます、だとさすがに意味不明かもしれない
アベノミクスの継承しつつ、小泉改革以降の新自由主義論の是正を掲げ、分配を重視した日本型資本主義を構築するそうです。そんなに上手くいくかはわかりませんが、再分配できるといいですね
大胆な金融緩和をしながら財政再建重視って矛盾していますが。