新着Pick
149Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
ついに!
ちょっとキーエンスは覚えていないのだが、任天堂・村田は代表的な大証銘柄。日経平均は東証上場企業を対象としているので、元は対象外。東証・大証統合して東証がメイン取引所に代わっても、なかなか採用されなかった。
ちなみに時価総額でみると、キーエンスが2位、任天堂が16位、村田が18位。ほかに日経平均に入っていない時価総額上位30社企業だと、Kenjiさんがコメントくださっているダイキン(7位)、日本電産(13位)、HOYA(17位)、オリエンタルランド(22位)、SMC(30位)など。

あと、日経平均はその名の通り株価が平均される。色々みなし値などのロジックで連続性を保っているのだが、それが時価総額では1位のトヨタの構成比が1.31%(時価総額加重のTOPIXだと3.55%)の一方で、ファストリは9.30%(TOPIXでは0.35%、柳井家の持ち分が高く流動性が低いことも影響)といびつな状態になっている。
また入れ替えに伴っては、日経平均の2000年入れ替えというのが過去では有名。詳細は下記などに詳しいがITバブルのピークに近いところでIT系銘柄を20銘柄ほど入れ替え、それがあったパターンとないパターンを比較するとー10%くらいの差があった。
https://toyokeizai.net/articles/-/193009?page=2
2000年4月に30銘柄を一気に入れ替えた時の反省から、入れ替えの上限を3社にしたと記憶していますが、3銘柄とも妥当な選択だと思います(寧ろどの銘柄も、まだ入っていなかったことの方が不思議なくらいですね)。
次はHOYA、日本電算、オリエンタルランドあたりではないかと個人的には思います。
この3社がこれまで入ってなかったんですね。日経平均って何なのかが問われそうです。
日経平均という指標自体がわりとどうでもいい。単純平均の株価指標にどんな意味があるんだろう…
20年前から入っていてもおかしくない企業。ちょっと遅すぎる。日経225をもっとアクティブに組み替えていたらバブルの最高値更新も視野に入っていたことでしょう。
関西の時代
任天堂株式会社(にんてんどう、英語: Nintendo Co., Ltd.)は、主に玩具やコンピュータゲームの開発・製造・販売を行う日本の企業。TOPIX Core30の構成銘柄の一つである。 ウィキペディア
時価総額
6.67 兆円

業績

株式会社村田製作所(むらたせいさくしょ、英語: Murata Manufacturing Co., Ltd.)は、京都府長岡京市に本社を置く電子部品の製造ならびに販売をおこなう企業である。TOPIXcore30の一社に選ばれている。電子部品専業メーカーとして世界トップクラスに位置している。 ウィキペディア
時価総額
5.70 兆円

業績

株式会社キーエンス(英:KEYENCE CORPORATION)は、大阪府大阪市東淀川区東中島に本社を置く、自動制御機器(PLCと周辺機器)、計測機器、情報機器、光学顕微鏡・電子顕微鏡などの開発および製造販売を行う企業。TOPIX Core30の構成銘柄の一つ。海外売り上げ比率は50%を超える。現在、世界44カ国・200拠点で事業を展開。 ウィキペディア
時価総額
17.2 兆円

業績

株式会社日本経済新聞社(にほんけいざいしんぶんしゃ、英語: Nikkei Inc.)は、日本の新聞社である。日本経済新聞などの新聞発行の他、デジタル媒体の運営、出版、放送、文化事業や賞の主催・表彰等も行っている。 ウィキペディア