新着Pick
931Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
「人を動かす」深いですね。簡単なようで難しく、難しいようで簡単。複雑に考えずに、ユーザーである周りが何を望んでいるかをシンプルに聴いて、受け入れて、共感をして、そして小さなことでもアクションを起こすことが大事。

特に転職や移動したばかりの新しい職場では、どんなに伸びしろや改善を感じても、その指摘をする前にまずは人間関係構築し、信頼を得ることが大切。上司として転職する場合は、なおさらです。例えば、当たり前にやるべきことをやっていない場合、「やるべきですよね?」ではなく、「どうしてやれないか理由を教えてくれる?」という問いで、現状を理解する方が効果的です。理由をさらに紐解いていくと、まずはこうやっていこうという解決策を自ら気づくようになり、主体的な思考・言動に成長していきます。

これまでに色々なタイプの上司を経験した上で言えるのは、上司が何でも決めるタイプの場合、私がいる意味ある?と、やる気が失せたもの。反して、部下や同僚など360℃の人間関係を「巻き込み型」が出来るタイプの上司では、やる気が倍以上上がり、成果も出ます。「ユーザー=全員」という考え方で、一人ひとりも組織もハッピーになれますね。
顧客があってのビジネスですが、顧客より社内を重視する企業が多い。特に金融業界において。Amazonは顧客重視の見本です。常に顧客の利便性を追求している。その顧客主義がDNAとして根付いているのがすごい。

社内に目を向ける組織を顧客中心に変えるのは大変な労力が必要です。トップのリーダーシップにかかっている。それがすべてです。
役割ごとに作られた縦割り組織と、目的で横櫛に作ったタスクか組織。現代のマネジメントの悩みの領域。デジタル庁とかにも言える。「決められた業務を役割ごとに分業するチームが「役割別チーム」だとすれば、「目的別チーム」は特定の目的のためにさまざまなエキスパートを集めたチームだ」
「ユーザーが「ほしい!」と言っても、人間は思った以上に自分の心を把握していないので鵜呑みにするのは危険」

オーダーメイドの法人営業ならそれでいいんですけどね、コンシューマー相手だと途端にニーズが見えなくなっちゃう。
決定権者ほど現場から遠いのでニーズが分かってないケースが多いですもんね。。

重要な視点ですね。
共創は「ユーザーのジョブを解決したい」と言う想いが強く一致してはじめてスタートするのだと感じます。
もちろん、利益や他の要素も加味しなければいけないのですが「ユーザー」が主語の想いをどれだけ強く持てるかが成功に大きく影響するイメージです。簡単なようで難しい…。
この連載について
本を読むことは、心を豊かにしてくれる。慌ただしい毎日のリフレッシュにもなるだろう。ただ、ビジネスパーソンには時間がない。そんな悩みを抱えるあなたにNewsPicks編集部が、本の要約サイト「フライヤー」とコラボし、話題の書籍の要約をお届けする。