新着Pick
171Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
「社員が自ら動けば会社は良くなる」ことは間違いない。ただ、優秀な現場の結果として経営やトップがポンコツになったのが多くの日本企業や政府であったことも事実です。再建の場合「どこから手を付けるのか」はありますが、最終的には両方必要なんだと思います。
会社を良くするのはコンサルでも経営者でもなく、自分。
この気持ちを全員が持つことだと思う。
誰かが何を起こすのを待つ、施しを待つ、待っ受け身が最大  のネック、風土が停滞し、なすりつけあう他責の文化が蔓延る。
会社が良くなるのは社員が自ら動くことで、そのためにまずは自分が率先して動く。松石さんの考えはシンプルですが、非常に本質的だと感じました。
社員が動くようになるのは、他人事ではなく自分事になるから。その当事者意識を醸成することが大切ですよね。
これ、現場の社員が自分で動けるように仕向けたの、経営者ってことになりませんかね?

現場の空気で社員の動きが変わると思いますが、その空気が澱んでる場合、外からの圧力がないと変わらないです。圧力として最も力を活かせるのが経営陣かと思われますが。
ホントにそうですね。

『社員が自ら動くようになれば、会社は必ずよくなります』

ターンアラウンドもやっている私の実感とも一致します。
ただ、清水先生がコメントされていらっしゃるとおり、会社を再建しなくてはいけない事態に陥ったのは経営トップに原因があるので、大概トップに卒業してもらうことから始まります。
魚は頭から腐るもの。

どんな集合体もマネジメントが腐ってたら浄化は難しいよ…。動かない理由はモチベーションの温度差含めて色々あるけど、もし自分の部下が動かないのなら、それは動かすスキルがない自分を責めるべき状況だと思いますよ。

受け身の社員に発破をかけるだけで機能する体育会系脳の集団なら話は別だけど。
この連載について
ビジネスや働き方が多様化し、正解がない時代に、自分を信じて一心に仕事をする人たちがいる。そこにあるのは独自の「哲学」だ。仕事人のヒストリーをたどり、道標となった哲学を浮き彫りにしていく。