新着Pick
272Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
「私は仏様が見ていようが見ていまいが、自分が正しいと思うことをやればいいと思っています」

松石さんのこの言葉が、まさに靴磨きの活動にも現れていると感じました。サラッと言ってのける姿に感銘を受けました。
そうなんですよね。

『陰徳というと「陰徳あれば陽報あり」で、人知れず善行を重ねれば、仏様が見ておられて、報いがあるとされます。でも、私は仏様が見ていようが見ていまいが、自分が正しいと思うことをやればいいと思っています』

安田財閥の祖である安田善次郎は「陰徳」の人でした。人知れず善行を重ねれば仏様が見ているから報いを得られるはずだとの考えは本当に陰徳ではないんですよね。

私は仏様が見ていようが見ていまいが、自分が正しいと思うことをやればいいという達観こそが本当に陰徳です。
組織を新しく作って動かすとき、陰徳のある人が多少いないと、組織は回らない。組織の不完全さは初期に顕著だし。大企業ではイノベーションが起きないかな「陰徳というと「陰徳あれば陽報あり」で、人知れず善行を重ねれば、仏様が見ておられて、報いがあるとされます」
この連載について
ビジネスや働き方が多様化し、正解がない時代に、自分を信じて一心に仕事をする人たちがいる。そこにあるのは独自の「哲学」だ。仕事人のヒストリーをたどり、道標となった哲学を浮き彫りにしていく。