新着Pick
112Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
約80兆円と2位トヨタを2.5倍以上も引き離して世界最大の時価総額を誇るテスラに、巨額の補助金とは他産業ではレアな事例。イーロン・マスクは革命児のイメージを纏うが、排出権の売却など各国政府による制度や、スペースXでも巨額の政府補助金を活用している
10億ユーロは、約1300億円ですね。テスラの投資が約50億ユーロということなので、20%をドイツ政府かの助成金で充当することになりますね。

何故、米国企業のテスラに、ドイツ政府がこれだけお金を投入するのか…それくらい中国からのバッテリー輸入を無くしたいということです。

自国で製造することで、中国からの輸入(中国への支払い)と中国製バッテリーのCO2排出量をなくすことができるのであれば、この投資も安いものと考えているからこそ、できることです。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
こちらは中央政府ドリブン。
テスラ工場は地元で揉めていて、稼働開始がどんどん後ろずれしていた。ただ先月にはメルケル首相の後継候補がマスク氏と現地を訪問している。
一方で、VW・Mercedes・BMWのジャーマン3や、その関連するバッテリー工場ではなく、Teslaへの補助金を出すのかというのは結構議論を呼ぶのではないかと思うのだが、現地ではどうとらえられるのだろう?
https://newspicks.com/news/6098679
独紙ターゲスシュピーゲルの報道だそうですが、日本円に換算すると1300億円!
え、驚き...

米テスラ、独「ギガファクトリー」10月操業開始を期待=マスクCEO(Reuters、8月14日)
https://newspicks.com/news/6098679
全力でEVを推進するドイツ政府の取り組みを応援してます!