新着Pick
651Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
300万で買った会社を二年で1000万円で売って700万利益が出ましたよっていうM&A話はどうも共感できなかったです。
私の知ってる方は潰れると決まっていたチョコレート工場の負債を引き継いだうえで、職員全員一切解雇せず。事業を成長させ今では北海道の超有名なケーキの一つになっている引き受けた責任を最後まで全うする経営者ってカッコいい。
札幌と佐賀で私立学校を再建してきましたが、こんなに生半可なものでは無かったなぁ、と思いながら読みました。

働いている人たちの人生を全て引き受ける覚悟が必要だと思っています。

でも、新しい経営者が既存事業を引き継いでいくことはもっともっとやったほうが良いと思います。
これは文章の作り方がよくないのかもしれない。人生経験のために会社を買う、というと変われる会社の社員にとってあまり良くない印象です。
ただし、よーく想像してみると、恐らくそんなハンパなものではないのでは?買おうと思った、共感した理由がもっとあるのではないかと思います。結果的に人生経験が得られるのであって初めから経験したい、という理由だとさすがに大怪我しそう
今の仕事に何か物足りなさを感じ、「自分は会社を経営したい」「〇〇ビジネスにもっと深くコミットしたい」といった意思がある方は、ぜひチャレンジしたほうがいいかと思います。私の知人にも、自己資金と銀行借入を組み合わせて数社のオーナーになり、実際にコミットして経営している人がいます。PEファンドはしょせん「人様のお金」を預かって運用している立場でしかないのですが、自己資金中心で会社のオーナーになれば誰の目も気にせず指図も受けず、自分の全能力を使って仕事ができます。

記事はかなり軽いタッチで描かれていますが、実際には銀行借入の個人保証を求められることも多く(記事のケースではプロパー役員が背負った?)、従業員や取引先に対する大きな責任も負うので、副業的にやるのはお勧めしません。やるなら本気でコミット。

ただ、起業してゼロから作るのに比べ、すでに存在する経営資源を使える分、起業に比べたリスクは低いと思います。様々なところで実績や前例が重視される日本の事業環境では、むしろ起業よりも適しているのでは。
起業もよし、マイクロM&Aもよし、思い切ってチャレンジする人がどんどん出てくると、あちこちに刺激が生まれて楽しい企業社会になりますね。
あんまり気軽さをアピールしない方がいいと思います。
書かれている内容はマネーゲーム的色合いが強く、そもそも買った会社の従業員が本気にならないと業績回復なんてできないので、経営者になるってことは彼・彼女たちに自分の本気度も見せる必要があり、多分休みもない覚悟くらい必要でしょう。
日本の中小企業数は減少傾向にあります。中小企業数は約350万社。そのうち小規模企業は300万社ですが、経営者の高齢化などが原因で減少が加速しています。起業数も少ない。

事業承継は有意義なことですね。個人のM&Aもそのひとつ。日本経済を支える中小企業の活性化にとても有効だと思います。

ただ、M&A時には、購入後の立て直し費用や当面の運転資金も計算に入れておくことが重要。それと覚悟が必要です。生半可な気持ちでは成功しません。
実はこのかたちょっとした知り合いなのですが、創業社長は奥さんの実家まで担保に取られてたそうです。exit時に個人保証を外すことに成功した結果、潰れそうだった会社を建て直してくれてと大変感謝されたそう。

さっと読んだ人にとってはなんとも反感が先に立ちそうなタッチで書かれていますが、金融の本質に関わる示唆深いテーマだと思いました。

赤字1000万の会社を5050万の評価で買収するということは大変なリスクの取り方です。資金をドブに捨てるつもりで会社を買う人なんていないわけですが、そのままでは倒産するような会社はフリーオプションに近くなければ手が出ない。その「お気軽」な姿勢には一見共感できないものの、そのくらいじゃなければ誰も手を出さないということも併せて考える必要がありそうです。

ダメだったらまた頑張ればいいやというのは、実は大変に健全かつ重要な、資本主義経済のバイタリティ。

もちろんステークホルダーによってリスク選好度は違い、コミュニケーションは非常に大事。”練習台”なんて言い方はしない方がよいに決まっています。でも、ちょっと勿体ない紹介のされかたかもと、思いました。
『人生の『鉄板ネタ』を手に入れた』
稀有な体験に"投資"をするという考え方。通常とは大きく逆張りでも、自分にとって"良い経験"と感じれば全く高くない。消費はつくづく、自分自身の感じ方に高い、安い、の価値がつけられる。

『自分は経営をわかっているつもりで、机の上で数字を分析しただけで、一方的に経営改善策を通達したりするようなタイプが一番うまくいかないと思います。』
これはおっしゃる通りで、やらないと分からない。できている"つもり"になるのが一番こわいこと。
数百万という金額とはいえ、人生経験が目的で買収先の社員(他人)の人生を預かるのはリスクリターンが合わない気もする。
買う方も、自分の人生を180度変えるくらいの覚悟が必要では。ターンアラウンドはそうそう簡単なことではないですし。
いまはクラウドファウンディングなどもありますから、マーケやブランディングの知識とどう換えたいかの想いがあれば資金調達もしやすそうです。

売り手と買い手を繋ぐポータルサイトもいいですね。
ただ、そこにアクセスできる売り手側ってレアな気がするのですが、どうやって見つけているのでしょうね。