新着Pick

東京五輪に感動した人は、政府を信頼するのか?

東洋経済オンライン
オリンピック開始直前の記事である。予測が的中した。一つは政権にとって都合のいい「金メダルラッシュ」、もう一つは都合の悪い「感染爆発」である。一つ疑問が残る。「オリンピックをやってよかった」と考える人…
141Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
素晴らしい記事。
なんとなくみんな思っていたことがこのように数字で検証されるととてもスッキリするのは私だけだろうか?
山村教授による追跡調査の分析結果。オリンピック開催前と開催中を比較すると、開催によってオリンピック肯定派は増えたが、政府への信頼は下がったし、幸福度は変化しなかったとのこと。コロナ感染拡大が影響しているんでしょうね。
オリパラ開催で、政権への支持が増えると信じてたのは、自民党だけだろう。公明党も?

そもそも、オリパラ開催と政権支持は、別物だから、たとえ相関があったとしても、「風が吹けば桶屋が儲かる」の類いだと思っていた。

ただ、政権支持の雰囲気を作りたい向きは、一生懸命囃し立てるだろうが、国民はそれほど馬鹿ではなかった。

なにせ、「大本営発表」という歴史的ペテンの記憶が残っているから、囃し立てれば立てるほど、コロナ禍の中、警戒感は強まる。

スポーツ振興を政治の道具にしてはいけないという、オリンピック憲章の精神そのものが確認されただけだ。

競技団体が経済的理由や行政上の支援を獲得するため、政治にすりよるから、話はややこしくなる。

個人的には、アスリートは政治に関わるべきではないと思う。
折角の成績が汚れる。
平時であれば、オリンピックの開催は国民の幸福度は高まり、政権への支持は高まるはずですが、コロナの感染拡大という最大の懸念事項が解消されなければ、国民の幸福度は向上せず、結果として政府への信頼は大幅には改善しない。それに尽きると思います。
引用元もあり、いい記事。
時差のあったリオのときより見てないかもしれない。
選手村の感染症は最小限だと感じたし、競技自体は日本のメダル絡みで盛り上がったようだし、良かったと思う。だからといって政権や与党への支持につながるというのは、国民舐めてるかと思う。

また、オリンピックのあり方自体は、それほど大きく扱われていない品質保証の話も含めて問題ありすぎかと思う。この記事にもあるように、商業主義が薄まったほうが選手のためになるのではないか。また、嫌悪感に溢れたオリンピック団体の貴族的な振る舞いもなくなるだろう。無い袖は振れないだろうし。

次に日本でオリンピック開催されることはあるんだろうか。
2019ラグビーワールドカップ開催中の日々と同じような祝祭感あればポジティブだったかもしれない。でも、そんな日々もなく、運営では権力をかさにした様々な人選、中抜きを思わせる事象を見せつけられたことを思うと、苦しいかもしれない。