新着Pick
11Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
菅内閣は、グリーンとデジタルと不妊治療の保険適用で、安倍内閣との違いを明確に打ち出したものの、官邸主導の政治手法を安倍内閣から踏襲したことで、結果的に新型コロナ対策をはじめとする政策決定でつまづいた。

トップダウンということは、それだけ権限が行使できる半面、責任を首相が負って、矢面に立たなければならないというところが、菅首相にとってはうまく立ち回れなかったのだろう。新型コロナ対策でも、都道府県知事が負うべき責任まで首相が負おうとし、それがリーダーシップであるかのように見せようとしたが、医療提供体制など、首相に権限がなくて都道府県知事に権限があることまで、首相が責任を負い過ぎては、批判は甘受せざるを得ないだろう。

記事に、私のコメントが取り上げられました。