新着Pick
6Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
「従来は顧客相談窓口での自動応答など、単純作業が中心だったが、最近では経験と勘がものを言う「たくみの技」にもAIが進出し始めた。」

自分はそのような切り分け方がしていません。(一般の人でなくてもプロでもいいですが)客観的に区別がつけやすいもの、均質な学習用のデータが大量に集めやすいもの、そしてAIを導入することによる時短化や精度などのメリットがAIの開発・運用を上回ることがAIが導入されるか決まると思っています。

なので、今でも匠の技と言えるような例えば医用画像診断や薬の飲み合わせ副作用予測、裁判・弁護支援などに進出しています。

手前味噌ではありますが、我々はオンライン広告のクリック率を相関係数0.83で予測する技術を実現しています。ちなみに、現場のプロの方でもどの広告がより人気になるかを予測するというタスクではサイコロを転がすのとほとんど変わらないことも確認しています。
言語化できない匠の技術も明確な基準があるならばAIによる機械学習が可能ということですね。