新着Pick
122Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
サウジ関連の情報が出るのを嫌がって開示しなかったものが開示されるようになる。時間が経ったというのもあるが、バイデンがサウジとの関係を歴代政権ほど重視していないということでもあるのだろう。
9.11テロ実行犯の証言もあってオバマ大統領も機密解除を検討したにもかかわらず結局非解除とした経緯が。しかも遺族らがサウジ政府関係者を訴える法案へ拒否権発動したものの議会に覆されているため、内容によっては賠償問題にも繋がります。
https://www.bbc.com/japanese/37503254.amp

今回の機密解除をレビューする大統領令はバイデン政権にとってのサウジの意味合いに加えて、アフガニスタン撤退の影響も絡んできそうですね。撤退したことを米国内で正当化するためにも9.11遺族を納得させて9.11の20周年追悼式に出席したいのでしょう。ただ実際にどこまで解除できるかは留保付き。

大統領令
https://www.whitehouse.gov/briefing-room/presidential-actions/2021/09/03/executive-order-on-declassification-review-of-certain-documents-concerning-the-terrorist-attacks-of-september-11-2001/
大統領令でバイデン大統領は「公共の利益が、機密解除することで想定される安全保障へのダメージを上回る場合には解除すべき」と述べ、関係省庁に機密指定解除の検討を指示しました。ですので、どういう情報が開示されるのか、それが遺族の要望に添ったものになるのかはまだ分かりません。いまはまず、指定解除に向けた自身の姿勢を遺族に対して見せた、という段階かと思います。
機密解除をすることで、バイデン政権はアフガン撤退とともに911そのもののも「過去の歴史」としたいのかと思います。ビンラディンはサウジアラビアの富豪の一族で、サウジ政府の関与が長年指摘されていました。ただ、すでに20年たち(あるいはその前の話)、「政府の関与」がたとえあったとしても、その鮮明さは薄れてきているのかと思われます。アメリカ国民にとって新しいスタートになるかどうかは、アフガンが今後、国際テロの温床に戻ってしまうかどうか。ただ、同盟国としてはアフガンの雑な撤退は今後かなり期間、禍根となるかと思います。
映画「アルゴ」も、アメリカが最高機密情報として封印していた実話に基づいてるのでこういう作品がまた新たに出る可能性がありますね。
うすうす知られていることが書いてあるだけでは。
もうすぐ20年になるのですね。時間が経つのは早いです。
当時何があったのか遺族は気になるでしょうね。
機密の解除は必要だと思います。
日本のように何でも黒塗りの機密解除では意味がありませんが。
機密解除によってもしこれまで明らかにされていなかったことが明らかにされたり、常識とされていたことが覆されたりしたらこれほど面白いものはないな、と期待するのは僕だけでしょうか。
アメリカ、という国に対して陰謀論が渦巻いているように感じられ、時折スノーデン氏らに代表される暴露者によりその陰謀論が実際に行われていたと明らかにされることがあるので、どうしても今回の機密解除も何か隠されているのでは、と疑ってしまいます。
今年で発生から20年の節目ととなる9・11。バイデン米大統領が、捜査資料などの文書を巡り、機密指定を広範に解除するよう指示する大統領令に署名しています。
見てみたくなります。