新着Pick
44Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
パンジシール渓谷をターリバーンが制圧したというのは、虚報です。アフガニスタン情勢は毎分ごとにフェイク・ニュースが百出する状態が続いています。
 もともとファクト・チェックが習慣づいていない社会ということもありますが、ターリバーンを含めた各陣営が、撹乱のために意図的にニセ情報を流しています。
 パンジシールの抵抗勢力については、降伏したとか寝返ったとかいう情報が、毎日のように発信されています。逆に、抵抗勢力の側が都市を占領したとかいった情報も流されています。実状は、一進一退でしょう。
 現在は、パンジシール渓谷でネット利用ができないため、特に事実確認がむずかしくなっています。ターリバーンが止めているのですが、プロバイダに遮断させるとかではなく、基地局を停止させています。衛星回線なら使えますが。
 制圧が虚報、というのは現在のことで、数日後にパンジシール側が降伏するということも、もちろんありえます。
タリバンがパンジシール渓谷の制圧を宣伝する一方で、サーレ副大統領(暫定大統領)は無事をアピールする動画を配信。タリバンが全土制圧のアピールを焦っているという印象。全土を掌握し、正統な政府として認められることに相当な焦りがあるように見える。
xxx党(アメリカ+北部同盟)に嫌気がさしてお灸据えようと思ったらxxx党(タリバン)で全焼みたいな話どっかで聞いたことありますね。
タリバンの複数の関係者が、北東部パンジシール州を制圧し、アフガニスタンの全土を完全に掌握したと明らかにしたそうです、しかし一方、「パンジシール州の反タリバン勢力はタリバンによる制圧を否定」しているそうで、混乱は続いているようです