新着Pick
51Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
いや戦後の首相の平均在任期間は2年強なんだから、ジンクスでもなんでもないですね。

それよりも!五輪の年は4で割り切れるってジンクスがあったんですよ!!!めちゃくちゃすごくないですか!?今年はじめてそのジンクスが破れちゃいましたが、これが31回も続いた確率はなんと100京分の1ですよ!?(僕が言いたいこと、わかりますよね?笑)
ジンクスは、あくまでジンクスで、理由もそれぞれ異なります。ただ、このジンクスは、菅首相に近い人たちは結構気にしていたと聞いています。五輪開催はそれほど重いのだ、と言う人もいました。五輪を誘致した安倍氏は、このジンクスを想定して自分の花道にしようとしていたと解説する人もいるぐらいです。真偽不明のジンクスのジンクスたる所以です。
大相撲の世界では、横綱土俵入りの「雲竜型」と「不知火型」のジンクスが有名でした。不知火型の横綱は短命というもので、若貴兄弟の若乃花が不知火型を選んだ時は「短命になる」と心配の声が上がり、事実短命でした。これを打ち破ったのは白鵬でした。不知火型のジンクス、何するものぞです。
まあ、ジンクスはあくまでジンクスです。
懐かしいお顔も。オリンピックが日本で開催された年は、首相が退陣するというジンクスがあるそう。今回も的中したと。
それだけ一大イベントでありますし、かつ菅さんの場合はコロナもあり、それはそれは大変な日々だったろうと想像します。
これは国際的にも当てはまる一般法則だと思います。すぐ思い出すだけでも、アテネの後のギリシャ財政破綻、ソウルの後の韓国通貨危機、バルセロナの後のスペイン財政危機、北京の後の中国人民元切り下げ、リオの後のブラジル通貨暴落、などです。1970年代のモントリオールは市が財政危機を宣言し、50年近くも経ってつい最近返済し終わったばかりです。ただ、危機になるのは身の丈を超える無理をしたら、という条件がつきます。国民性として危機になるほどの無理をするのは、政治に透明性がなく利権政治がはびこる国家です。2020東京の審判は今まさに下ろうとしています。
長期安定政権の次の政権は比較的短命というジンクスもあります。
しょうもない記事。これだけ首相の変わる国だから確率的に普通のこと。