新着Pick

米モノ輸出、過去最大 ワクチン普及で景気回復―7月

時事ドットコム
【ワシントン時事】米商務省が2日発表した7月の貿易統計(国際収支ベース、季節調整済み)によると、モノの輸出は前月比1.8%増の1485億9200万ドル(約16兆3500億円)と、単月で過去最大となった。新型コロナウイルスのワクチン普及に伴う経済再開を背景に、世界各地で景気回復が進んだことが寄与した。 過去最大を記録した消費財や産業用資材が輸出をけん引。輸入は1.2%減の2363億1400万ド...
26Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
「ワクチン普及で景気回復」 (@@。
モノの輸出が増え、新規受注が好調で製造業景気指数が上昇し、米国の製造業は好調のようですね。「世界各地で景気回復が進んだことが寄与」とのことですが、世界の景気が回復に向かう中、専門家が活動自粛を叫ぶばかりで尾身会長おひざ元の医療機関さえコロナの補助金を受け取りながら病床提供に及び腰と報じられ、メディアが恐怖を煽って政権批判を繰り返す日本だけが取り残されそうで不安です。
直近1週間の日米の人口10万人陽性者数あたりの新規と死者数、そしてワクチン接種の状況は次の通りです。

【新規陽性者数、死者数】
米国 334人(3.1人)
日本 114人(0.5人)

【ワクチン接種率】
米国 61%(うち2回完了 52%)
日本 58%(うち2回完了 47%)

陽性者数も死者数も日本の方が遥かに状況は軽く、現政権下で急速に進んだワクチン接種も米国と遜色ない水準に迫っているのに、なぜ日本だけが取り残されるのか。こうした数字を見るにつけ、真剣に省みる必要がありそうに感じます。 (・・;
いつも思いますが、日本と違って米国の経済指標は季節調整済み前月比がヘッドラインになるので、判断がしやすいです。