新着Pick
383Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
同業界でのキャリアを積み上げた方が勝ちやすいけど、いろいろやった方が人生のおもろいネタが増えるってことねw
自分自身が過去金融業界でエージェントの紹介で転職してきました。入った後、その採用がうまくいったか評価する仕組み(採用側も転職者側も)がないな〜と思っていたので、このサービスは良い着眼点だと思います。
「「HRMOS(ハーモス)」です。
お客さまの採用を支援するビズリーチでは、皆さん「いい人材が採れた」と喜んでくださるんですが、本当にその採用が良かったかどうかは、何年か経たないとわかりません。
でもこれまでは、採用した人材の「その後」が、意外にデータ化されてこなかった。そこで採用管理はもちろん、入社後の評価や目標もデータベースにして、管理できるクラウドサービスを立ち上げたんです。」
人材紹介は成功報酬だと思いますが、採用した人材の「その後」があまりわかっていないというのは、実は本当の成功報酬ではなかったんですね。ここはまだまだいろいろありそうなところだし、先日の亀山さんが出られた動画でもあったように、「M&Aは結局人だ」とすれば、人のマッチングがM&Aにつながるのは当然の帰結と思います。
「世界ってこんなに広いんだ」という経験の大切さは120%共感します。KBSでも交換留学が少しずつ再開してきましたが、「自分のチャンスを広げるために行くべきだ」と言い続けています。
キャリアの積み上げ前提では考えてないとしても、何かしら前のキャリアの経験は生きている。

全く異なると思える仕事も、その根っこにある目的やありたい姿を抽象化していくと、同じだったり、似通ってることが多いはずだから。

それでも「キャリアは積み上げない」と言い切ることは、「今」の延長線上ではなく、「ありたい姿」や「あるべき状態」をビジネス創造の起点に置いていることに他ならないわけで、とてもとても大切なことなんだと思うし、めちゃ共感する。
「人生の終わりからやるべきことを逆算する」という考え方には、共感します。ビジネスモデルオタクの南さんにとっては、一つの事業を軌道に乗せただけでは「やるべきこと」を満たしたことにはつながらず、新しいものを立ち上げ続けるからこそ、命の炎が燃えるのだと感じました。
面白かったです!南さんは何度かお話しさせていただいたことがありますが、「自分とは違うタイプの方だな」と勝手に思っていましたが、意外と共感するところが驚くほどたくさんありました。ありがとうございました
今回も面白かったです。特に「採用が上手くいったかいかなかったを追いかける、データベースにする」というのは、企業側もなかなか手が回らない、まさに重宝される仕組みだと思います。(それがハーモスだとは知りませんでした。ごめんなさい。。)

この件についてもう少し言うと「入社した候補者をうまくいかせる」サービスもあっていいのかなと思います。いわゆるオンボード。もっともオンボードの主体はもちろん雇った会社側なので、オンボードのサポート、ぐらいの話なのかもしれませんが、とにかく現場はこのオンボードプログラムがなかなか上手く回せない。

転職時のリスクを一緒に分析したり、入社後のステークホルダーマップを作ってあげたり、最初に起こす「小さな成功」のデザインを手伝ったり、軽く同僚からフィードバックを貰ってあげたり。甘え過ぎかもしれませんが、ここまでしてくれたら、フィー以上の価値がある!と思われるような気がします!
最高すぎでは!
先日の、Amazonが従業員の授業料の全額負担をするニュースや、メルカリ山田進太郎さんのSTEM人材育成奨学金制度しかりですが、こうして企業や個人が社会の本質である長期投資(新浪さんの45歳定年制も教育が根底にあるなぁ、と)を行なっていくアクションが根づけば、今後の日本も明るいと思わされる記事でしたthx!! 私もNo海外No今の自分、派なのでさすがの一手だと僭越ながら感じましたm

>海外に出ると、「世界ってこんなに広いんだ」「日本以外の考え方もあるのか」と知ることができる。これは語学を身につける以上に価値のあることです。
だから上場したら、僕の個人プロジェクトとして、社員の子どもたち全員が、海外で数週間のサマースクールに行けるような奨学金制度を作りたいとずっと言ってきました。
学生時代からお世話になっている南さんと亀山さんの、素晴らしい対談!南さんがビジネスモデルオタクって初めて知りました笑 確かにめちゃめちゃ詳しいんですよね、また今度教えてもらいにいきます〜!
外資の参入障壁が高い事業を選択。ラクスルとかもそういった視点を持ち合わせてるかも。スタートアップが事業を選ぶ視点として重要ですね。

「これまで僕たちはあえて、海外のプレーヤーが入りにくい領域の事業をしています。営業やマーケティングのような「フロントオフィス」の業種なら、セールスフォースのように、グローバルプレーヤーが入りやすい。
一方で人事やM&Aのようなバックオフィス業務は、国ごとに法律や規制が異なるのでグローバル化しにくいんです。トラック業界もそうですよね。」
この連載について
NewsPicks人気連載が音声番組として復活。DMM.com亀山敬司会長がホスト役となり、毎回、経営者や文化人を招待。脱力系ながらも本質を突く議論から、新しいビジネスやキャリアの形について考えていく。

業績