新着Pick
499Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
スタートアップスタジオとは、VCの一種ですが、いわば「共同創業社」として、企業のアイディアや経営陣を内部で作るところから関わります。それが外部にあるスタートアップに出資して、サポートする多くのVCとの異なるところです。

有名どころでは、SutterHill VenturesのSnowflake であったり、Flagships PinoneeringのModernaやIndigoagなど、インパクトあるスタートアップがこうしたプロセスで生まれてきています。

スタートアップを生み出す、新しい仕組みをぜひご覧ください
面白い業態ビジネスですね。スタートアップは、ワクワクする一方「成功するかという心配」が一番あると思います。実際アメリカでスタートアップ企業が5年続く成功率は、たったの5割と言われています。

成功するか否かの7割以上は、商品のニーズが市場にあるか、マーケティングが効果的かとチーム構成。Atomicのように一緒に伴走してくれる企業だと、スタートアップのノウハウがしっかりとあり、安心感は確実に違いますね。ノウハウがある分、求められる期待値も高いのでしょうが、様々なスタートアップで新しいアイデアが世の中に出て成功していくのは、ワクワクしますね。

さらに思うのは、アイデアが浮かぶなら絞って自分が事業会社を立ち上げて最後までやるという選択肢もあると思うのですが、こういう多くのアイデアを生み、なるべく多くのアイデアを広げたいタイプ(コンサル的な)の方と、一つのことを狭く深くやりたいタイプに二局するなとも思います。どちらも正解であり、どちらの方が楽しいかで選択肢が決まりますね。
スタートアップの工業化なので、おそらく試行錯誤も工程に織り込み済みなんだと思いますが、失敗を乗り越えるために不可欠と言われるpassionは不要なのかと気になります。それとも、高い成功率は250ものアイデアの中でlow hanging fruitの結果なのか?
Jackとは彼が創業したZenreachという会社の日本展開でやり取りしていました。懐かしい。。 Atomicみたいな仕組みは日本でもいろいろ考えれると思います!
スタートアップを量産するスタートアップ=スタートアップスタジオというVCの一種が、今日の題材です。

パンデミック以降も12社以上を立ち上げ、シリーズAでの資金調達するスピードが従来のVCよりも速い。

創業者のジャックの無数のアイデアを効率よくカタチにしていく手法、確かによくできてます。

あと、ナオが元気になってて安心です。
量産できるんだ、スタートアップ!

というスタートアップを作るまでの過程を合理的に生み出したAtomic、面白い!

それにしても自動運転の漁船って(笑)そういう案も真剣に考えて、年12社以上を作っているというのはtとっても興味深いです。
スタートアップスタジオといえば、ドイツのRocket Internetが有名です。
ここの会社は急成長企業のビジネスモデルを丸パクリし、先に未展開地域に進出することで、大きくマーケットシェアをとる。そして、IPOまたは元祖急成長企業などにM&Aをするというモデルです。

例えば、Amazonを真似してシンガポールでB2CのEC事業「Lazada」を設立→Alibabaが買収
アフリカ版Amazonとして米国上場を遂げるまで成長したJumia Technologiesもそうです。
日本では靴のEC「ロコンド」(Zapposをモデルにした)
ECやフードデリバリーでの成功事例が目立ちます。

一方で、Atomicはすでにあるビジネスモデルを真似して他国に展開するのではなく、
今の時代にこういうビジネスモデルはあるべきだよねと逆算して、再現性を高め、成功に導いているのがすごいなと思います。

一般的にスタートアップは創業時に少額を出資するだけで、その後の成長に合わせて大規模に出資することは珍しいです。

Atomicの場合、今年3月に設立したファンドは2億6000万ドルと、日本の独立系VCと比べても遜色ないくらいの資金を集め、それを投入している。超すごい
スタジオ型VCはとても新鮮。アイデアをどんどん実現していく方法として有効ですね。スタートアップの中から将来輝く原石を探すのではなく、最初に成功しそうなアイデアがあって、そこに人やお金をつける。この発想はいただきです。
これまた素晴らしく面白いコンセプト
スタートアップのサポートというこれまでのVC形式とは違って、スタートアップを作れる素材を用意して育てる方式
質のいい企業アイデアがぽんぽん生み出されるからこそのビジネスモデルではありますが、続くうちはぐんぐん成長しそうです。

気になったのはスタートアップの本質が「どれだけ自分が人生を賭けたいと思えるアイデアなのか」ということ。このアイデア部分が他者起点となると、恐らく外が担うであろうCEOの役割を遂行できる人材は存在するんですかね。そこすらもサポートする仕組みがあるのでしょうか。
得意な人が、得意分野のみ、専門的にやることで、すごい効率を達成する…考えてみれば、当たり前ですが「ゼロイチづくりの専門」というのは、すごいですね。

知識と経験が物を言う分野なので、言われてみれば、何故、今までなかったのかとも思いました。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません