新着Pick
70Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
ヤマ発はティアフォーに、2019年7月に投資(①)、またティアフォーはトヨタとも自動運転について協業しており、その技術はe-Paletteでも採用。
ヤマハとティアフォーの工場内での輸送の取り組みは、②のNP編集部記事に詳しい。今回のリリースは③。
公道より利用条件を限定しやすいので、想定ケースも絞れる。フォークリフトの自動化と併せられると、ユースケースが広がりそう。

https://newspicks.com/news/4026584
https://newspicks.com/news/4907814
https://global.yamaha-motor.com/jp/news/2021/0901/corporate.html
これからどんどん始まる非自動車企業による自動車開発とMaaS参入。
課金のモデルもB向け構内用途なら十分ニーズもある領域。
さらに自動運転のレベルが上がってくれば大事なるのは車内で過ごすためのサービス提供、つまり従来の自動車 OEMの得意分野でないところで競争が起きる可能性もあるわけで、エコシステムが益々重要になるのだと思います。
ヤマハ発動機株式会社(ヤマハはつどうき、Yamaha Motor Co., Ltd.)は、日本楽器製造(現在のヤマハ)の二輪部門が独立して誕生した、主にオートバイを中心とした輸送用機器を製造するメーカー。二輪の売上規模は世界第2位であり、船外機やウォータービークルの販売台数は世界首位。ヤマハ発動機サッカー部は、サッカーJリーグのジュビロ磐田の母体である。 ウィキペディア
時価総額
1.11 兆円

業績