新着Pick
697Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
「気圧の変化が症状の引き金になる」、「気圧の変化を感じるセンサーは、耳の奥の「内耳」にある」、「内耳の感覚が鋭敏な人は、気圧の変化が不快な「刺激」として脳に伝わる」、「ストレス反応によって自律神経の交感神経が優位になり、血管や筋肉を収縮させる。これが「痛み」を引き起こす」。 「気象病」や「天気痛」のメカニズムの一端がわかり参考になりました!
足首を骨折したことがあるため、雨が降ると重くなることがあります。気圧の変化で骨折以外にも体に異常をきたすことがあります。人は、今日は低気圧だから相談事はやめておこう、などといいます。これは気圧とは無関係?

ネコは低気圧になると毛やヒゲが重くなるので、よく手入れします。人も低気圧の時には、心のケアを心がける必要がありそうです。
まさにこれで,スマホの「頭痛ーる」というアプリを使っているのですが,これで示される「警戒が必要」というタイミングでことごとくやられます.
当初はこの天気との関係性に気づかず,なんか体調が良い日と悪い日があるなぁ,気温の変化かなぁくらいだったのですが,最近は,今日は体調悪いな→頭痛ーるで確かに警戒になってる,というので,かなり相関が高いのが自分でわかってきました.
この記事ほどに細かく確認したことはないので,ちょっと実践したいと思います.

ちなみに,昨日から今日にかけて,個人的にはかなりキツめです.
(アプリでも昨日の午後から今日のお昼くらいまで注意とやや注意になってます)
体の痛みもさることながら、メンタルに与えるダメージが大きいですよね。

太陽光を浴びる時間が少ないと鬱になりやすいというのは、今や定説です。

また、(原因不明ながら)前線の通過が人間のメンタルに悪影響を及ぼすという説もあります。
(芥川龍之介が自殺したのは前線通過の時だったそうな)

秋雨前線の停滞…挫けそうになります。
気象病、天気痛というテーマはビジネスパーソンに刺さるのか、ビジネス媒体で必ずといっていいほど依頼されて書いていますし、反響もありますね。

この記事にもありますが、コロナ禍での運動不足や外出不足は気象病悪化に繋がっているようで、周囲でも「なんか最近気圧の変化で調子が悪くなる度合いがひどくなってきた」という声をちらほら聞きます。

ちなみに天気痛、気象病を引き起こす原因としては、気圧の変化だけでなく気温の変化も挙げられます。昨日あたりから秋雨前線の影響で急に気温が下がりましたし、前線付近は気圧も低いので、症状が出やすいはずです。
男性の方が自分の体調に対して無頓着。

は、ヘルスケア商材をやってきてほぼ事実の様におもいます。
ライフログとかは、飛びつくのは男性ですが、続けるのは女性が多いです。

生理周期との付き合いに慣れているから、とかかもしれません。

男性は特に自分の状態を認識してパフォーマンス考える余地は多い印象なので、この視点だけでなくとも続けてウォッチするものがあると良い気がします。
天気痛、初めて聞きましたがありますよね。
低気圧で偏頭痛の人など。

プレゼンティズムを算出をしたらどれくらいの額になるか。
低気圧になると、「五苓散」という漢方薬を飲み体調不調に備える方が多いという印象を持っていますが、安易に薬に頼ることなく回避できる手法があれば良いですね。

五苓散
https://www.tsumura.co.jp/kampo/list/detail/017.html
最近、健康状態が天気に左右されるように感じていました。今回、色々な情報からどうやって天気痛とつきあるのかがわかったと同時に安心感が増しました。自分の身体のこと知ることって大事なんですね。
天気と関係あるのかわからないけど、ここ2週間くらい頭がガンガンする
この連載について
まるで預言者(プロフェット)のように、新しい時代のうねりをいち早く紹介するNewsPicksのインタビュー集。本質を見抜く視点を毎週つむいでゆくことで、ちょっと先の未来を覗こう。