新着Pick
358Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
8月26日、東京パラリンピックの選手村で視覚障がい者の柔道選手と自動運転車両が接触する事故が発生しました。警察が捜査中の案件で、事故原因が何だったのかなど、詳細について断定はまだできない状況です。
ただ、取材を進めていると自動運転との「付き合い方」など、考えさせられる内容がとても多くあります。
現在分かっている範囲での事故状況や、考えられる課題をまとめました。

事故に遭われた北薗選手は今回が3大会目のパラとのことでしたが、出場が叶いませんでした。過去には世界選手権ベスト8やアジアの大会での3位など実績も十分で、きっと地元のパラリンピックに賭けるものは大きかったのだろうと思います。
早いご回復と、再び世界の舞台での活躍を祈っています。
「自動運転の本質は人の介在を減らすこと」ではなく、人が運転するよりも安全を実現すること。
選手村で話題になっていたトヨタの自動運転バス。予期せぬ状況における自動運転の誤作動はとても残念。特に障害のある方などダイバーシティの中で機能するAIの構築への課題を示唆している。

このバスについてはこの記事にも詳細あり: https://www.itmedia.co.jp/news/spv/2107/30/news166.html
技術的な部分はITARDAの事故調査委員会が調査すると思うがポイントを整理しておくと:

・常時保安要員は前方を監視する義務があった
・自動運転L4を目指しているが、運行はL2で実施。
・システムで停止するが、その後は保安要員が運行をオーバーライド
・その部分ではヒューマンエラーだが、システムがなぜサポートできなかった
 のか?
・あるいはクルマが停止後に接触した可能性は否定できていない
・視覚障害の方も多いオリパラの選手村は特殊なケースではなくむしろ私達が
 暮らす交通社会に近いと思った。なぜなら、実社会は酔った歩行者あり、
 スマフォ歩きあり、不注意な自転車ありがリアルワールド。
・聴覚障害の方もいるので、大きな音だけでは不十分。
・それを考慮するなら、オリパラ村内の交差点はODD外とすべきだった
・本車両を走らせる際に、外部識者の事前評価を受けていたのか?
・オリンピアはスーパーアスリート、パラリンピアは障害のある方なので、
 もっと誘導員を増やさないといけなかった
・組織委員会の責任は?
・今回の事故から学ぶべき点は多い。
・自動運転の関係者(私もふくめて)、一度立ち止まって本件から多くを
 学ぶべき。
テスラといい、実用までには少し遠いのと、事故によってなかなか社会が受け入れる土壌作りが進みませんね。

この記事を読んで、事故当時の様子がまだイマイチ見えない部分もある一方で、オペレーターの「人的ミス」にも読めるのは気のせいか?

一度交差点で別の選手に反応して停止→ オペレーターが安全を確認して発進→ 直後に逆から来た選手がおり、感知したがブレーキ間に合わず、と。

安全確保出来てないのにオペレーターが発進してしまったように読める部分もあり、仮にそうなら「結局人が介すほうが危ない」という結論にも感じられました。


いずれにせよ、競技と関係ないところで出場ができなくなってしまう選手の気持ちを察するとホントいたたまれなくなりますね。。
何故、ADAS機能で緊急停止が間に合わなかったのか、大いに疑問が残る。スピードが出ていないのだから衝突前に停止できたはずである。詳細が見えてきたが、事故直後に報道された内容(ADASは停止し、直後にオペレーターが発進したから衝突した)は誤報の感が強い。
基本的にシステムが運転を担うレベル3以上でどうしていくかに関わる事例。
今回は選手村という「特定の場所」とも言えるし、一方で一般道に近い環境という意味では「どの場所においても」というレベル5相当での論点とも考えられる。
自動運転システム自体に、どれくらいの事故確率を前提とするか。完全なゼロは難しく、また人間でもそうならない。ただ、事故が起きたときの責任を誰が担うかというのは、本当に様々なパターンがある。
「自動運転=事故が起きない」というわけではもちろんありません。
車が物理的に止まれないタイミングで人が出てきたら事故は起きます。
※今回のケースのことを言っているわけではなく、一般論です。

認知→判断→制御というステップは人がやってるのと同じ。それをAIがやるということですよね。その能力が平均的な人間以上になれば事故が減ります。ただしクルマが停止するには物理的な距離は必要ですから事故そのものをなくすのは簡単ではありません。
以前羽田空港近くにあるHANEDA INNOVATION CITYで、「e-Palette」を見ましたが、非常にゆったりとした速度で動いていて、安全性に配慮している感覚でしたが今回はやはりオペレーターの判断ミスということになるのでしょうか?!

緊急停止(コントロールセンター~保守員へ指示)という流れのオペレーションは今回は作動していなかったか疑問に残ります。(仮に作動していたとしても、今回の様子から、事故を回避することは難しかったかもしれません)
https://global.toyota/jp/newsroom/corporate/34527255.html
自動運転の難しさ。
多くの場面では、人より安全に運転されていたとしても、
想定されていない場面、そのタイミング、前後の順番など、全ての状況となると、準備がまだまだ必要ということでしょうか。
そして、今回の場合は、その”自動運転機能”と、人(オペレーター)の連携の難しさも明示されたと思います。
この連載について
今、知りたい注目のニュースの真相から全体像まで、やさしく徹底解説。プロピッカーや有識者による対談、オピニオン寄稿、直撃インタビューなどでお届けする、NewsPicks編集部のオリジナルニュース連載。