新着Pick
539Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
10年間で3倍になった転職市場。魅力的な会社には魅力的な人材が集まり、そうでない会社は淘汰されていく。社長もがんばり続けないとね。
日本の終身雇用については、書かれている通りだと思う。
いくつか文脈があり、米国製造業の代表格は、Fordのリバー・ルージュ工場という、1928年に完成した製鉄所まである垂直一貫工場。ただ、労組が強くなりすぎコスト負担が増えた。日本では、戦後復興のなかで、自社ですべて手掛けず、系列サプライヤーを作り、処遇差をつけた。この労組構造の違いは、米国Big 3の凋落の主要因でもある(そもそも労使協調をどれだけできたり、その前提となる経営がどれだけうまくいっているかなどもある)。
また冷戦時には、共産主義のほうが成長・アンレナーシップが少ない一方、格差も少ないという印象論があった。その対抗として、国家戦略含めて西側諸国で年金など社会保障の充実が行われ、その受益構造として終身雇用が有利になるようになった。
米国はそれで70-80年代に苦しんで、90年代以降にITや金融への産業構造転換。転職も活発になり、産業構造の転換自体を加速させるもの。一方で格差も広がり、下記のエレファントカーブの構造が生まれた。

日本ではバブル崩壊後、90年代はそれでも雇用を維持しようと頑張った。でもさすがに90年代後半から徐々に壊れ、リーマンショック以降は加速。また職業観も変わり、転職が当たり前になりつつある。。
一方で、すりあわせなど文脈知見の蓄積が重要な時間軸が長い産業で、経験年数は重要だと思う。自動車、半導体製造装置や工作機械などのマザーマシン、また電子材料など機能化学はその代表領域。その産業でまだ一定の競争力があることは、日本にとっての価値。時間軸が必要だからこそ、良い経営をして、競争力を守り育ててほしい。そしてこれらは雇用吸収力も大きい。リアルなモノは今後も必要なわけで。

こういった背景が、グローバルの格差への価値観、特にミレニアル以降の職業観や課題意識に影響を与えていると思う。

【完全解説】なぜ、世界はこんなにも「不平等」なのか?
https://newspicks.com/news/5585106
【先読み】日本人にも影響大。どうなる「米国のインフレ」
https://newspicks.com/news/6035994
【関灘茂】A.T.カーニー日本代表が語る、会社の「究極のゴール」
https://newspicks.com/news/6128699
アメリカの平均在職年は5年(私企業では4年)だそうですが、転職が増えれば企業もそれに対応せざるを得なくなるし、そうなればさらに転職がし易くなるでしょう。もちろんこれまで通りという企業もあっていい。いずれにせよ、自社の将来をはっきり見据えて、DXとかジョブ制とかでおたおたしている場合ではないということですね。働く側としては逆転も起こりやすい時代になってきそうです。
面白かったです。日本における終身雇用・年功序列の浸透の歴史をとても興味深く聞きました。「選ばれる会社であれ」というのはそこそこ前から言われていることではありますが、昨今はまさにそこが重要。自社の基準に合うかどうかのチェックする「選考型」採用だけではもう通用せず、自社で働くことの意味や価値をまずは、そして常にアピールしていくことが求められるのだと感じました。

労働市場における「需給の構造」を可視化していくことの意義にも同意です。
アメリカの自動車産業という本でも書かれているが、アメリカでは長期雇用は割と普通だった。しかし、記事にもある通り、80年代に日本の小型自動車に席巻され、長期に低迷し、00年代後半には保険などの費用で破綻してしまった。アメリカの自動車産業では例えば長く働いてる人の方が首キリの順番は後ということすらあった。
実は今でも製造業を続けている地方都市あたりでは長期雇用されている労働者は結構いる。誰でも転職しまくってるわけではない。勿論、日本のような退職金があるわけではないので、あくまでも個々人の住む場所やライフスタイルに起因するところが大きいのだとは思う。シリコンバレーやNYなどは職も多いだろうから転職の機会も多いだろう。実際、シリコンバレーでもGAFAでの転職は多く、テスラやマイクロソフトも含めてグルグル人が回ってたりもする。
今週の「亀っち」、ゲストはビジョナルCEOの南壮一郎さん。全くの未経験の中で、人材市場で起業しようと思ったきっかけや、ヒントを見つけた方法が語られます。
いろんなデータや歴史的背景が語られてて、勉強になる記事でした。
マンションの一室でやっていたのがついこの前って気がしてるけど、本当に大きくなったし素晴らしい会社になったな~・・・感慨深いです。
元々アメリカが終身雇用・年功序列だったというのは驚きです。
いま徐々に日本から終身雇用・年功序列が弱まってきているのをみても、グローバルから数年遅れで浸透していくというのは戦前からなんねですね。
世界の動きを見て、日本の数年後を知る。
このタイムマシーンがいいのか悪いのかわかりませんが、少なくとも事前準備はできるので怠らないようにしたいですね。
転職市場が活性化する、即ち人材の流動性が高まるという流れが一気に強まってきました。これは日本の市場にとっていろいろな観点でプラスだと感じます。

まず、企業は優秀な人材を獲得するために変わらざるを得ません。給与などの条件面での改善、仕事の定義の明確化、評価の透明性向上、オープンな企業カルチャーの振興、チャレンジ精神をぶつけるにふさわしい場の提供などなど、やる気のある人にとって魅力的な場になる必要があります。

また、企業にとっては一定量が常に流動していることを前提とした組織設計にせざるを得なく、暗黙知の形式知化を進めざるを得ませんし、人員に常に余裕を持たせなければならくなり、働き方改革が進み、ウェルビーイングが深まります。

更に、社員にとって競争が生まれ、学び続け成果を出し続けなければ評価されない場になり、研鑽が進みます。

総合すると日本全体の経済にプラスの影響を与えていくと判断できるのではないでしょうか。

企業は経営の考え方を変えるべきときです。
これからのキャリア戦略を考える上でも非常に興味深くためになる対談でした。

転職が年間でわずか2.5%というのは、
確かに産業の転換に追い付いていない印象がありますね。
この連載について
NewsPicks人気連載が音声番組として復活。DMM.com亀山敬司会長がホスト役となり、毎回、経営者や文化人を招待。脱力系ながらも本質を突く議論から、新しいビジネスやキャリアの形について考えていく。

業績