新着Pick
547Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
久しぶりにNPに投稿させていただきます!これを機に、色々と発信していければなと思います。

谷口さんが追記してくださっておりますので、私からのコメントは特段ありませんが、基本的にこのDealに置いてFOLIOや株主の方々含めてネガティブなインパクトは一切ないと考えております。(連結子会社化ですが、みなし清算の議論等も一切ありませんし、株主の大半は残る形で優先回収とかも当然ですがありません。)
また、ここもとのFOLIOという会社の進捗は正直眼を見張るものがあると思っていて、そのあたりも少しずつ発信していきます。

少しカジュアルなnoteにはなりますが、こちらに全ての真相が書かれておりますので、お時間ある方はご笑覧いただければと思います。(組織や売上なども赤裸々に綴っております)
https://note.com/skai0901/n/nc6b461add90e

では、News Pickerの皆様、
今後はより積極的な発信をしてまいりますので、ご愛顧のほどよろしくお願い申し上げます。
興味深い買収です。「SBI=FOLIO」のタッグで、ロボアドをめぐる争いがまた激しくなりそうです。関係者に取材してみると、意外なことだらけでした。

▼コメント追記
●FOLIOが11:03に正式リリース
https://newspicks.com/news/6147600

●FOLIOの甲斐CEOが11:08に記事を公開
https://newspicks.com/news/6147380

上の記事をまとめると、

(買収全般について)
・FOLIOがSBIグループに参画
・FOLIOの既存株主の一部が株式譲渡(金額非公開)
・完全子会社化ではない
・IPOを目指す方向は変わらない
・ダウンラウンドではない

(経営陣)
・甲斐CEOは辞めない(経営に強くコミット)
・SBIグループから取締役が参画へ

(売り上げ)
・この2年でのYoYの売上成長は10倍超

(今後)
・既存株主のLINEフィナンシャルが、大株主として引き続きサポート
・SBI証券のラップ事業の開始、拡大に寄与

(離職率)
・2年前は離職率35%に達していた
・直近半年は1%台に改善
今日(8/31)の正式発表をみないとM&Aの詳細はわかりませんが、金融サービス(特に預金や預かり資産系)の運営コストはシステム投資が先行かつ大きいため、マネタイズまでの時間軸には、体力勝負的な要素が強く影響します。
特にロボアドバイザー系の資産運用サービスは、利幅が薄いうえに、顧客から預かっている資金を分別して管理(顧客分別金信託)しなければならないので、手元にお金はあるけど運転資金には使えないというジレンマが。
ロボアド業界最大手のウェルスナビは上場して自ら資金調達、お金のデザイン(THEO)はSMBC日興証券に証券口座や顧客管理などに関わる業務を事業譲渡、そして今回のフォリオはSBIグループ入りと三者三様のアプローチとなる訳ですが、事業そのものの今後の展開がどうなるのかに注目しています。
正式発表ありましたね。
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000090.000022761.html

また、甲斐さんからnoteで直接情報開示もあります。
・そもそも完全子会社化ではございません
・みなし清算など議論の範疇にすらありません。
・既存株主が譲渡によってロスを出した事実は一切ありません。
・ダウンラウンドもありません。
つまり、このDealはSBIグループを始め、FOLIO自体や既存株主関係各位、一切のネガティブ要素はありません。
https://note.com/skai0901/n/nc6b461add90e

いくつか気になるところがあるけど…

-------------
2018年からFOLIOはLINEと組んで、「LINEスマート投資」に取り組んでいました。2019年下半期からはさらにそれを強化していた印象です。
https://linecorp.com/ja/pr/news/ja/2018/2418
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000058.000022761.html

そんな中、LINEとヤフーの統合が動き始めたことで、うまく進められなかったのかなと思います。

それらと関係しているかは不明ですが、
2019年5月にCDO(Chief Design Officer)の広野萌さんが退任、2020年初めにCMO(Chief Marketing Officer)のリュウ シーチャウさんが退任しています。

必ずしも退任と事業の良し悪しがつながっているとは言えませんが、そういうことがあったのは事実

両社からの発表は未だありませんが、FOLIOが掲げる「ワクワクを創る会社」に向けていい方向に進んでいけばなと思います。
SBIの触手はすごいですね。freeeとマネーフォワードの両方とも出資するなどフィンテック系は全方位的の印象です。
FOLIOやロボアドに関しての状況についてまとまっている。

まだ報道ベースだが、これだけ具体的な話が出てくるということは、相当に話は進んでいるということだろう。
評価額について、昨日の日経初報(下記リンク)でのコメントと比較をしていくと記事に『FOLIOの既存株主には損が出ないスキームになるようです。』とある。そうすると、昨日のコメントで岡田さんが書かれていたような感じなのだろう。
https://newspicks.com/news/6144961

元々のFOLIOとSBIの関係性(そしてウェルスナビは、SBIが株も保有し、主要販路)、そこにLINE・ヤフーや野村との関係性も関わって、複雑な図式。
本買収がDoneして、FOLIOが連結になれば、ウェルスナビはどうするのだろう?販路が重要というのは運用商品の販売のリアリティ。FOLIOは今赤字が大きくても、連結化して販路提供をすれば評価額分は回収できるという算段か?
そして販路パワーという点では、SBIとネット証券2強になっている楽天がどうするかが、昨日もコメントしたが気になる。THEOのお金のデザインは、SMBCと提携しているが、提携であって子会社化・持分法化とかではなかったと思う。
こういう組み手になったのですね。SBIさんはグループ傘下のSBIインベストメントで運用するファンドを通じて1,000社近くのベンチャー投資を行なっていますし、ネットワーク、情報量共に死角無しといったイメージです。

日本ではまだまだ定着していない長期分散投資ですが、このような陣営同士の攻防を通じたサービスの向上、啓蒙によって裾野が広がっていくかもしれません。
完全買収ではないのですね。SBIによる出資比率は50%超。買収額は、70億〜80億円。ロボアドの性能がいいのでしょう。

それはともかく、破綻しなくてよかった。フィンテックへのイメージダウンを避けられた。

海外のフィンテックと日本のフィンテックの違いは、資金調達のパイプが少ないということ。キャッシュフローを考えながら経営をすることが大切ですね。海外のビジネスモデルをそのまま日本にもってきても、成功するには相当な資金が必要となります。
SBIがFOLIOを買収。買収総額は70億~80億円。優先株主への優先回収で殆どだと思う。ウェルスナビは1800億円の時価総額。大きな差になったな。SBIはウェルスナビの7%を持ち第2位の大株主でもある。北尾さんの高笑いが聞こえてきますw
昨日驚いたSBIによるFolio買収。サメが飲み込むというカバーのイラストはどうなんだろう、という気はしますが、記事の見立てによれば、ウェルスナビと協業し、自社でもノウハウはあるが、野村対抗のために買収した、とのこと
やはり資本が必要な分野はベンチャーには厳しいと感じますし、ウェルスナビはよく立ち上がったな、と感じます。SBI経由が6割を占めていたとのことで、大企業の力をうまく使ったともいいますし、SBIから見たらよく育てた、ということなんですね
この連載について
今、知りたい注目のニュースの真相から全体像まで、やさしく徹底解説。プロピッカーや有識者による対談、オピニオン寄稿、直撃インタビューなどでお届けする、NewsPicks編集部のオリジナルニュース連載。
SBIホールディングス株式会社(エスビーアイホールディングス、英語: SBI Holdings, Inc.)は、日本の金融持株会社である。商号のSBIは、元々ソフトバンクグループの金融関連企業として設立されたため「SoftBank Investment」の略であったが、その後同グループを離脱し「Strategic Business Innovator(戦略的な事業の革新者)」の略に変更した。 ウィキペディア
時価総額
7,237 億円

業績