新着Pick
948Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
テーパリングについて、重要なポイントは2つ。
① テーパリングは金融引き締めではないこと
② テーパリング終了後も、巨額のFRBのバランスシートは長期間維持されること

①については、FRBは現在も毎月1200億ドルもの債券を購入して金融緩和を毎月強めているわけだが、テーパリングとは、これを少しずつ減らしていくこと。ただ、減らすと言っても、その間は引き続き債券購入を継続するので、FRBのバランスシートは拡大していく。バスタブに水を入れている状況を想定すればいい。バンバン出していた蛇口を少し絞るのだ。水の勢いは弱まるが、それでもバスタブの水は増えている。これがテーパリング。

② テーパリングが終了すると、FRBのバランスシートの拡大は止まる。しかし、減るわけではない。減るのは購入した債券が満期になり償還される場合だが、前回の2014年のケースでは、FRBは償還された債券については再投資を行う、かなり長い間バランスシートを維持した。
ちなみに、2014年1月にFRBがテーパリングを開始した時のFRBのバランスシートは、約4兆ドルだった。テーパリングが完了したのは2014年10月。そして、FRBのバランスシートが4兆ドルを割り込んでいくのは2019年であり、約5年くらいの時間を要している。
つまり、超カネ余りの状況は、今後もかなり長い間継続するというのが、メインシナリオとなる。また利上げもどこかの時点で開始されるが、利上げがスタートしてもFRBの巨額のバランスシートは残っており、利上げの引き締め効果を、相当程度吸収してしまう可能性が高い。

そんなことしている間に、また次の何らかの危機が起こり、FRBは金融緩和に逆戻り。FRBのバランスシートは再び拡大・・・これが、これまでの金融の歴史。
テーパリングの検討を始めたFRBのバランスシートのサイズはGDPの40%、出口の素振りも見せない日銀は135%です。財政支出が足りないと批判されることの多い政府ですが、GDP対比の政府の借金も、米国の118%に対し日本は256%(いずれも2020年末)と突出しています。
直近の1週間の人口10万人あたりの新規陽性者数が325人、死者数が2.5人という状況下でワクチン接種の効果と病床確保を頼りに経済規模をコロナ禍前に戻した米国と、厚労相が東京都で500人(人口10万人あたり25人)以下にならないと緊急事態宣言を解除できないと極端な数字を主張して封鎖を続けるわが日本。ちなみに東京都の人口10万人あたりの死者数も現時点で米国より圧倒的に少ない0.6人です。
長期に亙る日本の停滞の原因が金融緩和と財政支出の不足でないことは、こうした事実からも見えて来る(・・;
テーパリングは、中央銀行の事務方にとっても、大変苦労の大きいプロセスと感じます。

一応の理屈としては、金利の引き上げに先立ってどうしてもバランスシートを正常しなければいけない、という訳ではないのですが、正常化しない中で金利面での対応を図ろうとすれば、中央銀行自身が巨大なマーケットリスクを抱えることになります。したがって正常化は、中央銀行が未来に向けた政策対応余地やフリーハンドを確保する上で重要なのですが、それを世の中に理解して頂くことは、なかなか大変です。

(また、金融市場には緩和継続にベットしている参加者の方々が多いので、テーパリングには「時期尚早論」がとかく出やすいですし、2013年のようなことがあると、「中央銀行の説明が悪かったのではないか」と批判されがちです。事務方にとっては「批判されやすく称賛されにくい」典型的な仕事です。)

この中で、大変なご苦労をされながら、今回、何とか「年内のテーパリング」を世の中に織り込ませたFRB執行部のご尽力振りはひしひしと感じていましたし、労を多としたいと思います。
過去と比較しながら、水準感や、FedのBS、金利の推移を確認。

失業率について、現在の5.4%の数値は下記で長期をみると、2015年前半くらいの水準(10年が一番見やすいと思う)。
https://fred.stlouisfed.org/series/UNRATE

FRBは、金融危機以降、2014年末くらいまでバランスシートの拡大を行っていて、そこからはやめた。そして、2016年くらいから利上げをはじめ(つまり、失業率が現在の水準よりもう少し下がってから)、2018年からはBSも少し圧縮していった。ただ、2019年には利上げをやめ、BSも少し拡大させた。そしてその後コロナで一気に利下げとBS拡大を行った。
https://fred.stlouisfed.org/series/WALCL
https://fred.stlouisfed.org/series/FEDFUNDS
特にコロナショック後の世界経済は、ワクチン格差により新興国の回復が遅れ気味ですから、米国の金融政策が出口に向かうことにより、これまでの景気回復期よりも深刻なレパトリが起こることで、新興国への懸念はより大きくなるでしょう。
結局コミュニケーションとして、年内開始することにコンセンサスが得られているから、株は下がらないんでしょうね。
でも、日米ともにまぁまぁ株価高いよ?って思いながらも、これまたつまるところは、大きな船に乗っておけば、溺れないのかなと、妙に安心してしまうこの頃。
油断は禁物ですけど、Taperingくらいじゃ相場は荒れない気がします。
これまで発言していた他の理事に比べたら、そりゃハト派にみえるし、マーケットコンセンサスつくりはさすがという感も
いつかは実施しなければならないテーパリング。その時期はこの秋か、それ以降か。いずれにせよ、すでに市場はテーパリングを織り込みはじめています。

Uneven Economyの解消は、完全パンデミック収束後まで持ち越されます。これは結構長く暗いトンネル。2023年か2024年でしょうか。それまでサービス業や観光業はもつかどうか。ワクチン接種が世界で進むことを祈ります。
アメリカの金融情勢は世界中に影響を与えます。日本でも日銀以上の影響力があるぐらいです。アメリカの動向は絶えず知っておかないといけないと思いますね。これは政治・経済全てに言えることです。
この連載について
今、知りたい注目のニュースの真相から全体像まで、やさしく徹底解説。プロピッカーや有識者による対談、オピニオン寄稿、直撃インタビューなどでお届けする、NewsPicks編集部のオリジナルニュース連載。