新着Pick
196Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
最高猛暑責任者(Chief Heat Officer)の役割はむずかしそう。1国で完結する話ではないからです。しかし、すでに米国のフロリダ州のマイアム・デイド郡やアフリカのシエラレオネの首都でもCHOが誕生、または誕生する予定です。世界各国のCHOが共同で動けば、地域の活動が地球規模に広がっていきます。

ギリシャの気温が44度とは。今日の京都は最高気温36%。徐々に40度に近づいています。日本にもCHOが必要です。暑いからクーラーを使う。そのための電力消費で地球の温暖化が進む。この悪循環を絶たねばなりません。
自然災害の多い日本では危機管理監や防災監を置く自治体も多いですが、猛暑対策の責任者とは気候危機の時代を象徴するような役職ですね。適応策の検討などがメーンの役割になるのでしょうが、自治体レベルではできることには限界もあるでしょう。就任と山火事のタイミングも重なり、NYT以外の多くの海外メディアがこの新たな役職を取り上げています
熱波&寒波だけで年間500万人超が世界中で亡くなっており、近年温暖化の影響で寒波より熱波で亡くなる比率の方が上昇傾向にあるとのデータも。
https://www.thelancet.com/journals/lanplh/article/PIIS2542-5196(21)00081-4/fulltext
熱さを理由に土地を追われる人が続々と世界で増えていますね。山火事は本当にどうしようもないですが、記事にもある通り、洪水リスクが高まるので、悪循環フェーズに入っている事がよく分かりますね。熱くなりやすい都市は大きな課題です。気温上昇を食い止めるために世界のCHOが連携するという事が早く起こって欲しいです。
オリンピックで東京の猛暑がトピックになりましたが、問題は東京開催とかそういう瑣末な話ではなく、世界の温帯にある都市が軒並み猛暑になっているという事です。

また、この問題は地球温暖化の問題とヒートアイランド現象などのその都市の問題とが混ざって起こる問題なので、今回の様に都市にCHOを置くのは一定程度理にかなっていると言えると思います。そして地球温暖化問題はそれらのCHOが連携するべきだし、個別都市の問題は都市内で解決していくしかないでしょう。

温度だけでなく、亜熱帯化に伴うスコール/洪水問題、生物相の変化問題など、問題は多岐に渡ります。
「息ができない」ほどの44度の猛暑に対し、自らを実験都市にするアテネ。

ギリシャにしては(失礼)、とても前向きな取り組みだと思います。

どのような結果が出てくるか、世界的に注目が集まりそうです。