新着Pick
1408Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
「世界観」を創ることは、ブランドの命ですね。look and feelやトンマナ(tone & manner)とよく言いますが、いかにトンマナが徹底して細部までこだわり抜いているかが、ブランドとしての価値を高めます。

だからこそappleは、卸ビジネスだけではなく、直営店を出している。なぜなら、卸ビジネスでは自分たちが100%コントロール出来ず、徹底したブランドの世界観を創れないから。

そして、「こだわり抜いた世界観」は、社内資料ひとつでも対象です。どの立場・部署でも全員が同じ理解である事が大切。世界観とは関係なさそうで、一見ドライなPLやKPI資料でも、「世界観が統一された資料作り」は、とても大切。どの部署が作る資料でも「〇〇ブランドっぽい」というこだわり・トンマナの統一は、社員の意識を高め、必須の要素。だからこそ、デザイン要素を取り入れることは、どの仕事においても必要なスキルですね。
超高濃度でお送りしたプロピッカー新書「デザイン編」も今回で最終回です。デザイナーの見方・考え方は、単に制作にのみ役立つのではなく、ビジネスの現場にも大いに応用が可能です。巷でよく言われる「デザイン思考論」よりもさらに具体的な内容をお届けします。
具象と抽象の行き来、本当に重要。
基本的には、具体的に見る数の積み重ねが重要だと思う。具体的に、いろいろな観点で見てみる。一個を具体的に見てみたり、複数を具体的に比較してみる。
例えば5円玉と10円玉でも、どちらも植物が描かれている。5円は稲穂だが、10円は何だろうと思ってみたら、常盤木というらしく、そして下記をみるとほかの硬貨もいずれも植物が書かれていることに気づく。
https://www.mint.go.jp/kids/know/know_01

ここで「なんで植物がいずれも書かれているのだろう?」とさらに深めることもあり。一方で、年が書かれている場所は違うと、ほかの観点を試してみるのもあり。
ゴールにも期限にも追われていないときには、自分の興味が赴くままに調べればよい。一方で、業務の場合は、さらに深堀するよりは、まずいろいろな観点を試してみて、深堀するのはどこが筋がよさそうかを考えてみるほうが良いと思っている。
ただ、業務であっても、使えないことが大部分であってももう一歩探索している・考えている・知っているといったものが、ブレークスルーにつながることが多く、こういう「余白」を確保することは本当に重要だと思う。

こういうのの繰り返しで、研ぎ澄ませることで、うまい共通点と差異点の境目が設計・構造化でき、それが世界観やデザイン言語的なものに、デザインでなくてもつながっていくと思う。

こういった考え方に関しては、東大FoundXの馬田さんの「解像度を高める」という資料がとってもオススメ。
https://speakerdeck.com/tumada/jie-xiang-du-wogao-meru

下記の、澤さんの記事も、この文脈でとてもオススメ。
https://newspicks.com/news/5766625
デザインの考え方は全てのビジネスに通ずる部分がある。例えば電車広告を提案するとき、「どのタイミングでどのような広告が出ているか」「クリエイティブの狙いは何か」など毎日電車で観察していれば間違いなく質が高くなる。私は前職でマーケティングの部署にいるときにこの話をされて、それ以来は街をフラッと歩いているときに「なんでこの広告を出しているんだろう」など、自然と背景を考える癖がつきました。

> 同じ機能を持ったプロダクトは簡単に真似できても、世界観は一朝一夕にコピーできるものではありません。

これもとても分かります。私たちのサービスも模倣されることが多いですが、世界観や一貫性はすぐには真似できないと思っているので、惑わされずに自分たちの道を進んでいこうと決めています。
この連載によって、デザインすることについて深く考えることができました。頭で考えていることを言語によって表現するか、図形によって表現するかの違いはありますが、明らかに図形の方が理解しやすい。

マニュアル作成時(デザイン)に使い方プロセスそのものに問題があることがわかったという話が出てきます。それはデザインすることによってみえてきたこと。システム設計も、当たり前ですがデザインです。

リモートワークで模様替えをしよう、インテリアを変えよう、と思った時に、そのイメージをまずはデザインしてみる。日常生活でもデザインはいきてきます。
Amazonのジェフ・ベゾスがずっとドアの扉を机として使っていた話は有名ですが、これもまた「世界観」と思います。
非常に重要なことが詰まっていると思います。
デザインというと、単純にきれいに見せることに注力しがちですが、そうではなく動線を考えてUI/UX的な観点からするとここに問題がありこう改善すべき、というような力の入れ方が重要。対処療法ではなく流れ全体をデザインしてより良くしていく姿勢が重要だと思います。
5円玉、10円玉の例で観察/抽象化の重要性を問うのは分かりやすくていいですね
すごくしっくりきました

モノからサービスへ求められるものが変わっていったいま、世界観の構築などデザインの役割は多岐に渡り、かつ重要度が高まっています
言葉と同じで、受け取った相手にどのように伝えたいのかを意識してデザインするを意識しないとなと強く感じた連載でした!
この問題意識が、デザインを、CX、そしてデザイン経営につながる。思考の方向性としていつも意識したい「目の前の要素をどう変えるかではなく、それ以外の手段を考えることもデザインの一環として捉えてください」
興味を持って観察をする事、これをベースに自分の思いを加えアウトプットができる力の重要性について
この連載について
教養を身につけたいけども、忙しすぎて学ぶ時間が取れない。一方で、日々のニュースだけでは、体系的な知識を得られない──。そんなビジネスパーソンに向けて、NewsPicks編集部が月ごとにテーマを設定し、専門家による解説記事をお届けする。週末のひとときで、手軽に「新書一冊分の知識」を体得してほしい。