新着Pick
80Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
中国インターネット情報弁公室がAIリコメンド規制法の草稿を発表。第6条にリコメンドは主流価値(共産党によるお堅いあれ)を堅持し、ポジティブエナジーを発して、民草を善に導けとあって笑ったw

《互联网信息服务算法推荐管理规定(征求意见稿)》 http://www.cac.gov.cn/2021-08/27/c_1631652502874117.htm
中国は表現の自由が制約されているので、アルゴリズムを制限するのは一貫しているし理にかなっている。というか自然言語を制限しておいてアルゴリズムはやり放題というのはむしろ不公正とも言える。
表現の自由の制約は何も中国のみの特権ではなく、日本でも例えば景表法は有利誤認や優良誤認をもたらす広告表現を禁止している。もしこうしたものと同等の悪効果をもたらすアルゴリズムがあるとすれば、そのアルゴリズムは規制されなければむしろ法のインテグリティを損ねる。
アルゴリズムであるなら何をやっても良い、などということはあり得ない。その効果に着目した適切な規制が必要なのは何も中国に限られないのではないか。
中国だから云々で脊髄反射し思考停止していては事象から学べない。サイバー空間に対する法と秩序ということを考えたときに、日本よりもずっと色々なことが起こっている中国の行き方はむしろ先進的なものである可能性があるのではないか。
ブロックチェーンを推しCBDCを展開するといった分かりやすいものばかりを称揚して今回のようなものに対して否定的な見方一色になるというのは、むしろ一貫性がない浅薄なものの見方である可能性があるように思う。
共同体が価値を置く思想に基けば、合理的な内容のようにも思います。EUも自主・共同規制の一環として、プラットフォーマーに対して、推薦アルゴリズムの決定パラメータを開示する規制案を出している。個人の自己決定権(何かを買う意思決定など)に対して、パターナリスティックな国家の介入を①完全に肯定するタイプ(中国)、②一定程度肯定するが市場と歩幅を合わせるタイプ(EU)、③基本的に否定するタイプ(アメリカ)の3パターンに分かれていくんですよね(ものすごい乱暴な分け方ですが)。おそらく日本は国家としては②のタイプですし、デジタルプラットフォーム取引透明化法も②のタイプなんですが、表現の自由などについては③だから、アルゴリズムは結構どっちにも関わってくる話なのでその辺りのずれとバランスをどう取っていくのか悩みどころです。
中国ヤバいな… ガチで共産主義回帰へ。ネオ文革とか起こしそうな気配が…


1966年5月16日、毛沢東主席が率いる中国の政権は全国民に対し、「労働者階級からの権力奪取を目論む資本家の一味」とみなされる人物を一掃するよう布告が発せられた。
増島先生のコメントは必読。

鄧小平時代の改革開放路線による経済成長重視から官(共産党)主導の「統制」へのシフトしたのと同じ様な事がサイバー空間でも起きている、と捉えても良いのだと思う。どちらも0-1、1-10のフェーズは個人の活力を引き出し、10-100、100-1000のフェーズになったら官(共産党)主導にしていく、という考え方なのかなと。
市場を自由に発展させ、問題があれば後から規制する、とのやり方はよくあります。
シェアリング自転車、配車サービス、動画配信アプリ。。
自社のクライアント様にいつも言っていますが、「チャイナリスク」として認識しなければなりませんね。
今回のアルゴリズム規制だけではなく、芸能人の商品プロモーションやらなんやらにも規制かけたり、先のオンライン教育ビジネスへの規制見ていると、かなり政府は神経質になっているな、という印象です。
中国でビジネスしてる当事者としては、ヒヤヒヤしますね。
多くのネット企業がアルゴリズムを使用しているでしょうから、影響範囲がとても大きいですね。
今回示されたガイドライン案について、9月26日まで意見を公募するのだそうです。