新着Pick
315Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
1度目の自爆攻撃の後、救護活動が行われているところに、2度目の自爆攻撃が起きました。2度目は爆薬を積んだ車両で突入して自爆、前後して銃撃も起きています。典型的なイスラーム国の自爆戦術です。
 現場には遺体が散乱している状態ですが、13人よりもはるかに多いです。米兵も4名が死亡しています。大多数は脱出を求めてつめかけていたアフガニスタン人と見られます。
 昨日はイタリアやドイツ、カナダは完全に撤退して作戦を終了しましたが、米軍や英軍はまだ残っています。イスラーム国による攻撃は予想されていたことで、米国政府もターリバーンも、誰であれ空港に近寄らないことを求めていました。しかし、数千人のアフガニスタン人がつめかけている状況は変わっていませんでした。
 イスラーム国というのは、世界のどこかに自分たちの国を建てるのが目的ですが、そのために、国を建てられそうな地域に集結するのが基本方針です。それは、まともな政府と軍隊があって治安が維持されているような国では無理です。いくつもの勢力が争っていて、政府が弱い、混乱した国である必要があります。アフガニスタンから米国がいなくなり、政府が弱くなって混乱を広げれば、自分たちのチャンスが来る、というのが彼らの発想です。イスラーム国は、自分たちがつくる政府以外は認めないので、ターリバーン政権も彼らにとっては倒すべき敵です。
最初の爆発の現場はカブールの国際空港から150メートルのバロンホテルで、このホテルはイギリス軍の駐留地であるとともに、脱出希望の現地協力者の集合地点で、ここから米軍の輸送ヘリなどで空港まで運ぶ拠点になっていた場所です。

まず爆発物による自爆テロがあり、負傷者の救助のためアメリカ軍兵士が向かったところに、銃撃が加えられ、銃撃戦となったとのことです。
そこに自動車爆弾が突入し多数の犠牲者を出しました。
これはダブルタップと呼ばれるイスラム国の典型的なテロ戦術です。

更に市内での爆発は続き計5回の爆弾による攻撃があったという報道もあります。

死者負傷者は午前4時30分現在で確認されているだけでアメリカ海兵隊員12人が死亡、15人が負傷し、脱出希望者ら60名以上が死亡したと見られていますが、未だ議会付近などで銃撃戦が続いており、更に犠牲者は増える可能性があります。

今回のテロはイスラム国分派の一つである、イスラム国ホラサーン州(ISIS-K)が実行したもので、タリバンもアメリカ軍も共に数日前からテロ計画があることを警告して、空港に近づかないよう規制をかけていました。
又一昨日にはイギリス軍からも攻撃の可能性が切迫しているとの警告が出されていましたが、テロを未然に防ぐことはできませんでした。

タリバンは8月初めに捕虜にしたイスラム国ホラサーン州のリーダーの一人を処刑するなど、同組織とは仇敵とも言える関係にあり、今回の攻撃はホラサーン州にとって仇敵タリバン、侵略者アメリカとその協力者を同時に攻撃できる絶好のチャンスで、かつアフガニスタンの混乱を拡大させて、勢力拡大を目論む狙いがあると見られます。

一方今回のイスラム国のテロでアメリカ人に多数の犠牲者を出したことで、アメリカの政策にも大きな影響を及ぼす可能性があります。
バイデン政権はタリバンの政権掌握を認めず、経済的にアフガニスタンを締め上げる姿勢をとってきましたが、もしアフガニスタンの内政が混乱すれば、今度はタリバンに代わってイスラム国が台頭し元も子もなくなる可能性が出てきたからです。

バイデン政権がこの事件にどう対応するかが、注目されます。
カブール国際空港近くのホテルで爆発。退避を待つ米国人らが待機していたという。自爆テロであればISIS-Kかもしれない。タリバンが波風立てるには早すぎる。米軍は空港の敷地内で活動しているので、空港の外のことはなかなか把握できない。報復するわけにもいかないから結局、米軍の退避のスピードを早めることになるのでは。タリバンとISIS-Kでカブール市街戦が始まるか懸念される。
きのうあたりから、欧米諸国がテロ警戒で退避を呼びかけていました。バイデン大統領は、イスラム国の関連組織による犯行との見方を示しました。

これより前、カタールにいるタリバン報道官がTBSテレビ/JNNの単独取材に応じました。

【独自】タリバン報道官 対面で日本メディア初 穏健的発言の背景は | TBS_NEWS
https://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4345998.html?from_newsapl

女性の活動を認める発言もありましたが、最前線の現場まで統制が取れているのかどうか、はっきりしないニュアンスもありました。その意味で混乱している可能性があります。
これがイスラム国によるテロだとしたら、西側諸国が完全撤退した後のアフガニスタンにまともな政権が確立するとは思えないです。
シリアやリビアよりも悲惨な状況が予想出来ます。

益々、アフガニスタンから脱出しようとするアフガニスタン人が増えて、混乱と緊張が高まりますね。
まだ詳細はわからないところですが、24時間前くらいから「ISIS-Kのテロ計画が近い」という話がずっと出ていました。
タリバンがアフガニスタンを占拠した間隙を突いて、ISがテロを仕掛けたということでしょうか?

過激派同士の衝突によって一般市民が被害を受けるのは、かつての暴力団同士の抗争みたいです。

とても危険な状態が今後も続く恐れがあります。

国外退去を安全かつ迅速に行う必要がありますね。
ISIS-K による自爆テロが発生したことで、アフガニスタンの空港外にいる人々が空港に到着するのを待って退避支援活動を継続することは難しくなった。ドイツ、カナダ、韓国などはすでに退避支援作戦を終えた。韓国の場合、パキスタンの韓国武官が支援する迅速な退避作戦が際立っていた。このような非常事態下では各国の政権幹部の危機対処能力、現地での情報収集、民間のコネも利用した迅速な人員輸送作戦、米国の現地の司令部と緊密な協力をして一時間単位での作戦の調整ができたかどうかが鍵となる。
ちゃんと昨日時点で情報が入ってたのは凄いな。
ただ混乱地域からの撤退って難しいんですね…
この地域は脅し合いで緊迫した空気を作ってプレッシャーをかける、で終わらずにこういう事が起きてしまう事が容易に想像出来るのが厄介だな。
民間人の脱出は現実的にあってあと2,3日とかでしょうから、これ以上の血を流さずに少しでも多くの人を運べますように。
後は流石に向こうでの日本への協力者は希望があれば迎え入れるべきだと心情的には思うけど、どうなるんだろうか。
Abbey GateとBaron hotel近くでの爆発とのこと。Baron hotelは主に英国関係者(アフガニスタン人の退避用)、そして近くのCamp Sullivanは米国施設保護用のローカル部隊が使用していたりと、今回のテロの思惑が気になります。にしてもこのまま31日を迎えるとなるとさらなる混乱と対立が起きそうでバイデン大統領は本当に何も動かないのか、、UNは、、