新着Pick
2030Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
『「人に迷惑をかけるな」と言ってはいけない』に関してのインタビューを野村さんにしていただきました。ありがとうございます。

日本では、「好きなことをやりなさい。ただし、人様に迷惑だけはかけちゃダメよ」とよく言われます。これはその時点で、「ダブルバインド」です。

そもそも、人間は生きていれば必ず人に迷惑をかけます。ゴミは出すし、二酸化炭素を排出する。

つまり、このような親からの言葉を金科玉条のように捉えていたら、ことあるたびに自己肯定感がなくなるような「呪い」となるのです。

チャレンジが怖くなり、できなくなる。

またなによりも弊害は、「人に相談できなくなる」ということです。

大きな問題を抱えた時に、そんな重いことを「相談する」と「迷惑をかけてしまうのではないか」と考えるようになります。

「もっと早く言ってほしかった」とか「なんで相談してくれなかったの」と、人が亡くなってから後悔しても遅いのです。

それだけは避けたい。

「迷惑をかけても良いよ。お互い様なんだから。その分困ってる人を助けよう」

このような積極的な道徳を身に付けることで、
変な忖度や同調圧力から抜け出せる世の中になって、自立、自走式の大人がたくさん生まれることを願っています。

ぜひ「人に迷惑をかけるなと言ってはいけない」(SB新書)のご購読よろしくお願いします(^^)
「そうだよなー」と思う気持ちもあれば、「でも親だって完璧ではない」、「家庭としてのポリシーは重要」と思う気持ちもある。

拮抗禁止令のいくつかは、親としての自分にとても当てはまる。
言い換えようの例で「人に迷惑をかけるな」や「やめなさい」がある。言い換えの、「お互い様」「周りの人がハッピーに」は重要だと思う。一方で、周りの人をアンハッピーにしようと思って意識的な悪意で行動をしたわけではなく、衝動的なことがほとんどだと思う。
「自分がこういうことされたら悲しいよね」とか「それは迷惑ではなくてお互い様、でもこれは相手を困らせるから迷惑だよね」といった話を何回かとか時折できる。
一方で、親だって人間だから、毎回完璧な話し方はできない。親にだって衝動はある。また、どこまで許容をするか、どう伝えるかはかなりが各家庭の方針や親・子供の個性次第だと思っていて、良い悪いはない。

子供への呪いの言葉をかけちゃいけないというのが、親への呪いになるのも本末転倒だと思う。親だって完璧じゃないし完璧であろうとしなくてよいと思う。
頭の片隅に入れて、共感できたものについて方法論として使える時に使う、使えなかったときはそういうこともあるとか、子供に「あの時は強く言ってごめんね」でいいのではないかと思う。
読みながら、反省の連続。こうありたいなぁと思いつつ、気づけば強く怒ってしまうこともしばしば。それで自己嫌悪…その繰り返しです。まずは日々の言葉がけから意識していきたい。
非常に納得感のある、坪田信貴先生の子育て論。共通するのは、子どもであっても対等な人間とみなし、丁寧な合意形成を行っていく態度だと思いました。
言葉による虐待をバーバルアビュースと言います。

きつい言葉を浴びせられて育った子供は、脳が自身を守るために「見ざる、聞かざる、言わざる」になって外との関係をシャットアウトしてしまうと聞いたことがあります。

当然、コミュニケーション能力も欠如してしまいます。

きつい言葉、使わないようにしましょう。
これらの禁止令は命令するのではなく、意図や意味を伝えて共感を得ることだと思いました。

とはいえ、実際に子供を育てていると、意識していてもついイライラして出てきてしまいます…。
せめて、後で反省してその時の気持ちを伝えられるように努力してます。

子どもには子どもなりの考えがあっての行動や活動なので、頭ごなしに子どもの行動や活動を制約すると、行動や活動に際して自分で考えなくなってしまいます。
普段から、なるべく決めつけないようにありたいですが、そこは親も踏ん張らないといけないと考えています。
うーん。個人的には、これは一概にダメとは言えなくて、成長過程における判断基準として何が良くて何がダメというのはある程度ハッキリ言わないといけないと思います。
自分で考えられる子であれば良いですが、考えるきっかけを作るためにも型を教えないといけないと。その意味で多少は縛りを設けた言い方をしても良いと思って自分の子には接してます。人格否定はダメですが。
頭ではわかってるんですけど、親側に余裕がなくなると守れないんですよね。。。特に時間に追われてるとき。

子供のためにも、親がメンタル面でもヘルシーでいることを心がけないといけななとつくづく思います。
強い言葉で注意して、子どもが自由に動かなくなることは怖いこと。

寝る前に、アイスノンを使い、薄い氷の膜を作り出す長男。
テーブルは水浸しにもなりますが、微笑ましく眺めています。
実験の目的は父親に氷をかけること。
「氷をかけるな」の言い方も考えてみたいと思います。
1歳児でも、言葉のニュアンスは伝わっています。自分に対してイイことを言われているのか、悪いことを言われているのか。
無意識に自分にラベリングしないよう、のびのびと育つよう、生まれたばかりのときから気を付けるていることで、子どもの能力開花に大きく影響すると思います。
この連載について
まるで預言者(プロフェット)のように、新しい時代のうねりをいち早く紹介するNewsPicksのインタビュー集。本質を見抜く視点を毎週つむいでゆくことで、ちょっと先の未来を覗こう。