新着Pick
18Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
福島県沖は沿岸流が生じる場所であるため、想定していないところに処理水が拡散するのではないか、という話もあった。その意味では、沖合に放出するということで、沿岸流への懸念を和らげる効果もあると思われる。おそらく批判する人たちからすれば、見えないところに放出することでごまかそうとしているという言説も出てくるように思われるが、理にかなった選択だと思う。
放出後の海洋中のモニタリングをどうしていくかも大切。モニタリングの信頼を得るには、良い情報も悪い情報もリアルタイムで公開すること、そしてモニタリングの過程で人の手を入れないようにすること。これができるかどうか。
福島第一原子力発電所で増え続けるトリチウムなどを含む処理水ですが、原発から1キロほどの沖合まで海底トンネルを通して放出する方法を採用し、工事に向けた調査を9月にも始める方針とのこと