新着Pick
166Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
バイデン大統領は、8月31日以降の脱出については、ターリバーン側の条件次第である、と先ほど表明しました。米国人やその他の欧米人でさえ取り残される可能性があるのに、ターリバーンが設定した期限をそのまま呑む、というように見えるのは、世論のうえでまずいのでしょう。
 8月31日以降には米国とその同盟国の軍隊はアフガニスタンには出入りしてはならない、というのは、ターリバーン側が設定した原則です。現在のように米軍機やその同盟国の空軍機が絶え間なく飛来しては、アフガニスタン人を可能な限り積んで飛び去って行く、という大規模な作戦については、8月31日終了ということで譲りたくないでしょう。
 イスラーム国からの攻撃のリスクというのは常にありますが、高等教育を受けた技術を持つアフガニスタン人を手当たり次第に欧米に連れ帰られるのは、アフガニスタンの社会を維持していくうえで困る、というのもターリバーン側としてはあります。
 ターリバーンは、日本時間7月24日夜に、アフガニスタン人はカブール国際空港に立ち入ってはならない、という命令を出しました。8月23日月曜日にCIA長官がカブールでターリバーン側の実質的トップ、バラーダル氏と会談しています。その結果としてこうなったのですから、交渉がまとまらなかったのでしょう。
 欧米の民間航空がカブール国際空港に出入りするようにして、ターリバーンが許可したアフガニスタン人は出国できる、ということにするのなら、ターリバーンも問題はないでしょう。そのためには欧米諸国がターリバーンとある程度の外交関係を結び、通商なども行われることになりますが、そうなるのはターリバーンとして非常に望ましいことといえます。
最初はつまづいていたけど現在はペースがだいぶ上がってきていて、アメリカ軍は1日に12700人、同盟国も8900人を退避させていると。
https://www.cnn.com/2021/08/24/politics/kabul-airport-us-evacuation-afghanistan/index.html

ワクチンの時も(太平洋戦争も)そうだったけど、アメリカは最初はつまづいても本気になった時に挽回させるロジがすごいと思う。
徹底期限を延ばしてどれだけ状況が改善するかどうかという判断かと思いますが、日本を含む関係諸国の人々が現地からの退避を進める時間は限られることに。
タリバンとは話がついているが、IS-Kは言うことを聞かないのでリスクが高いというロジックなのだが、IS-Kが脅威であるなら、アフガンがテロリストの温床になるのを避けるために、IS-Kのライバルであるタリバンと協力するということもあり得るのだろうか。
今更、方針を変更して撤退期限を延長した挙句、タリバンの攻撃再開で米国の民間人に複数の死者が出る事態になれば、9/11の米国同時多発テロからの20周年は、祝典ではなく、バイデン政権の批判大会になってしまう。バイデン大統領は、もう引き返せない。6月のG7ではバイデン大統領は同盟国と非常にリラックスした関係性を築いたが、次の10月末のG20では同盟国のバイデンへの眼差しは厳しいものになりそうだ。
欧米スタイルの政治交渉と、イスラム国家の政治交渉は、基本的には噛み合わないことが多いです。
国際法の枠組みの中でルールとして守るべきものは守る…とは言っても、タリバンのように実質的に国家権力を安定して確保していない場合、政権内での優先順位が状況に応じて変わることもあり得るかと。

その意味では、アメリカも撤退期限の交渉をしていると見せながら、タリバンを評価している側面もあるでしょう。
いずれにせよ、神経戦も続きます。
アメリカ側は、人質を取られている。だから、事実上、選択肢は2つしかないだろう。アメリカの大統領がタリバンの前で跪いて期限延長を哀願するか、あるいは表では撤退期限を守る建前だが裏ではカネを渡してお目溢しを懇願するかだ。
私もここはタリバンに貸しを作らない方が良いと思います。
時間をかけてもキリがないので、批判されても機嫌を堅持しなくてはなりません。
しかし、取り残された人々のことは別に考えて欲しいです。
アメリカだからこそ自国民の撤退に向けて民間機の徴発に近いことまでしてなんとか実現させようとしてますが他国は間に合わなくなるのでは。。。と思いきやG7からちょっと待ったコール(死語)だったのですね。
必死にバイデンを擁護し続けるプロ