新着Pick
32Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
9月の総裁選告示前の「解散」情報が、飛び交っています。日程からみる分岐点がいくつかあります。まず、あさって26日に自民党総裁選・告示と投票日が正式に決まる。次にパラリンピックが終わった翌日9月6日の週に、臨時国会が開かれるかどうか。その場合は、9月早々に召集を決めることになります。これがセットされると、会期幅にもよりますが、解散のための国会となる可能性があり、総裁選告示日よりも、少し前に事態が動くことになります。

一方で、感染者数の動向と緊急事態宣言の期限も関連してきます。東京都をはじめとする宣言の期間は「9月12日」です。解除か延長かは、やはりその前週、6日以降に議論されるでしょう。東京都は厳しい状況が続いていますが、地方都市でも感染が拡大していて、9月の時点でどの程度鈍化しているかも焦点です。

自民党の若手議員には、横浜市長選挙敗北の影響があるはずですが、権力中枢の動きはこれとは別のように見えます。まずは明日の会談から漏れ出てくる「日程」が注目されます。
結局二階さんなんだよね、キーマン。フィクサーみたいな政治家がウロウロするのって不健全だよね。それも本当に裏で暗躍するならまだしも幕前をチラチラするんじゃねえよ、と。力持ちたいなら前に出てきて責任も負うべき。