新着Pick
138Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
アメリカは個人の選択の自由が尊重されることに強い思いを持つ人が一方で、数年間カリフォルニアで小さなオフィスを運営していた経験からすると、職場の労働安全衛生環境を適切に維持することも非常に重視される社会といえます。
従業員の接種義務化が後者の視点からどこまで正当化できるのか、特に共和党支持者にワクチンへの拒否反応が強い(大統領選でトランプ氏が獲得した州とバイデン氏が獲得した州を比べると、接種率は後者が10ポイント以上遅れています)ことを考えると、義務化が政治対立の新たな材料にならないか。気になるところです。
アメリカは日本のような国民皆保険ではなく、企業が民間保険に加入します。
コロナは後遺症も発生しますし、早晩、ワクチン接種有無で保険料に差が出てくることが予想されます。
そうなると、企業としては、ワクチン接種義務化を徹底せざるを得ないと思います。

アメリカの自由は、代償も含めての自由です。
この点、日本は、ワクチン接種様子見を自由と呼んでいます。
→これを自由として認めてしまうのはどうなのか?と感じます

公衆衛生の観点からは、ワクチン接種様子見の人はフリーライダーですから、アメリカではその代償を求められるということです。
政府がワクチン接種義務化をすると「自由」を巡る問題に抵触するということになり、訴訟リスクを抱えるが、企業は雇用条件としてワクチン接種を含めることは可能なので、民間企業経由で接種を進めようとするのは苦肉の策。しかし、病院に勤務する医師や看護師もワクチン接種に反対するグループがあったり、ワクチン接種を拒否するグループには自営業者が多いなど、ことはなかなか単純ではない。
記事自体よりも、記事に添付されたバイデン大統領の国民に向けた語りかけの動画に価値があると思いました。こういう語りかけが日本でなぜ出来ないのか、不思議でなりません。
これは踏み込みましたね。
すでに企業にとってもワクチン接種率は大きな経営リスクになっているので当然の流れとして受け入れるでしょう。
世界及び日本にもどう影響を与えるか。
これはかなり踏み込んだ発言
人権意識の高いと見える欧米諸国が相次いで踏み込んだ対応をしてる中で日本もしっかりとこれに向き合うことが出来るのか
個人の自由と、周りに感染を広げてしまう可能性やそれによる経済損失を天秤にかければ明確にだめな理由がある人以外は避けられない方向と感じます
国が権利を制限しなくても国民が所属している団体が義務化すれば相当摂取は進むでしょう。ワクチンに消極的な否定派の人も周りの人が受け始めれば受けないとまずいかも、と同調するかもしれません
"企業や学校、官公庁が接種義務化に踏み切る根拠が強まる"
接種しなかったらその従業員を解雇しても構わない、と政府がお墨付きを与えたことと近いでしょうから、かなり接種が進むと思います。
こういう流れを作れるのがアメリカっぽい。自由を謳う国の不自由と、日本のように官僚的と言われながら妙に自由な国と。なんかシニカルですね。
良いね。日本も予防接種法を改正して義務化できるようにしよう

業績