新着Pick
2Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
ANAが傘下のLCC活用による料金の引き下げでコロナ収束後に回復するであろう観光需要を取り込もうとしています。今後、JALも追随する可能性がありますが単純な料金競争で両社が疲弊疲労するのだけは避けてもらいたいと思います。
実は、基本的にビジネス需要が無ければ定期航空路線の維持は難しく、観光需要だけに頼ることには無理があります。欧州ではシーズナリティがある観光需要はLCCでもなく、チャーター便が主流です。夏はビーチリゾート、冬はスノーリゾートへ集中して飛んだ方が運行効率も良く稼げます。クラスもほとんどがモノクラスでファーストクラスやビジネスクラスはほとんど設定されていません。富裕層は自家用ジェットがあるのでチャーター便ではエコノミークラスだけでも問題無いのです。
ANAホールディングス株式会社(エイエヌエイホールディングス、英語: ANA HOLDINGS INC.、略称: ANAHD)は、東京都港区に所在する日本の会社で、航空輸送事業を主力とするANAグループの持株会社である。 ウィキペディア
時価総額
1.31 兆円

業績