新着Pick
1006Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
セールスフォースの社会貢献活動をきちんと知る前は、大企業だからできることなのだよね、と思っていました。しかし、話を聞いてみるとそうじゃないと。

人数が多い、少ないという問題ではなく、思いの強さが問題なのだと。

セールスフォースをまだまだ誰も知らない時から、社会貢献とビジネスの両立を持ち続けていたこと、そこに責任者(取材したスザンヌ・ディビアンカ氏)を配置したことなど、やはりトップのコミットが感じられました。

プレッジ1%は、利益がまだ出ていないようなスタートアップも参加することができます。まだ利益は出ていないけど、4年後に利益が出せるようになるので、そこでぜひ1%を還元したい、という誓約を「今」できるのです。

これはお金を稼いでから、慈善活動をするもの、という考えを根底からくずし、ビジネスをするDay1から考えなくてはいけないことだとの現れだと感じました。こういった姿勢を創業者が示すことで、共に働く人たちも強いパーパスを持って仕事ができる→人材獲得に早期からつなげることもできるのだと思います。

NewsPicks、Uzabaseとして何ができるのだろうか、パーパスを持つことの意味、そんなことを考えさせられています。
セールスフォースの創業期のコアメンバーであり、20年間にわたって、社会インパクトを最大化する仕事をマーク・ベニオフとやってきた。そんなスザンヌ・ディビアンカに、インタビューをしてきました。

まだ赤字のスタートアップで、社員数も50人くらいしかいなかったセールスフォースが、慈善活動の専門家を雇っていたということを、そもそも私は知りませんでした。だからこのインタビューをして、なんでセールスフォースがよく、働きたい企業でナンバーワンなどになっているのか、腑に落ちた気がします。

GAFAなどのビッグテックは、すでに創業者がのこっている会社はありません。そういう中で、セールスフォースは、珍しく創業者が最前線で戦っている巨大なテック企業であり、またそのカルチャーを色濃く保っている会社に思えます。
素敵な取り組みです。パーパスのある会社での経験から言えるのは、社会貢献へのインパクトは、どの立場であれ、企業の大小に関係なく起こせるということ。コミットメントさえあれば。

そして、パーパスコミットしている会社で働くということは、この上ない充実感、誇り、そして幸せ度をUPしてくれます。私の解釈は、マズローの5段階欲求の上にある6段階目の欲求を体感出来るという「お得感」。自分自身の自己実現は、まだ1-5段階の旅路の途中かもしれなくても、パーパスドリブンな企業で働くことで、6段階目の欲求である「自己超越欲求」を体感できる。自己超越欲求=個人の利益を超えて社会へ貢献したいという欲求です。

通常は、5段階欲求を達成して6段階目の「自己超越欲求」へ進むのを、飛び級で自己超越欲求を体験できるというwin-win尽くしです。もっともっとパーパスドリブンな企業が増えることを切に願います。
邪悪なイメージのあるGAFAに入るのはダサいと考え始めたスタンフォード大学のような超一流大学の卒業生たちが向かっている先のひとつがパーパスオリエンテッドなスタートアップやメガベンチャー。セールスフォースはそんなメガベンチャーの代表格。

利益だけではなくソーシャルインパクトを追求するインパクト投資の世界がネクストESG的に広がりを見せていますが、インタビュー記事にもあるとおり、インパクト投資のリターンであるIRRが実はVCなどとくらべても遜色ないレベルなんですよね(下記参照)。

GSG国内諮問委員会(GSG=The Global Steering Group for Impact Investment)がまとめた『インパクト投資におけるインパクト測定・マネジメント実践ガイドブック』のP26
https://impactinvestment.jp/user/media/resources-pdf/Guidebook_for_Impact_Measurement_and_Management.pdf

利益は二の次で社会的インパクトを追求、と聞くと儲からないといったイメージが湧くものですが、インパクト投資が儲かっているということは、社会的インパクトやパーパスを経営のど真ん中に据えることが事業の根幹であり企業そのものの競争力になっていることの証左だと思います。
昔(まだ男性が多い時代)、日本のサラリーマンの悪口で「会社人」といっていましたが、GenZはそちらの方に動いているように見えます。世の中は変わるなあ。
『なぜそれを達成することができたのか。
それはセールスフォースが社会貢献の進捗を見守るため、責任者を配置したことが、成功の鍵だったと思うのです。』

責任者を置く事。これがいかに難しいか。
PLEDGE 1%は素敵な考え方ですね。

お金だけだせばいい訳ではなく、時間と製品を出すのが肝ですね。
時間を出すことで、自分事になるし、製品を出すことでそもそも自社製品が社会貢献に繋がっているのかを認識できる。

個人に置き換えると、時間と製品(スキル)がイコールになりそうですが、年収の1%、365日の1%で何が出来るか、の視点で考えると、色々出来ることがありそう。
欧米では特にZ世代の、社会貢献やSDG’Sやソーシャルプレナーシップなどの価値観に対するビビッドさが、近年とみに際立ってきました。

その流れはすこしづつ日本の同世代にも人がってきたものの、残念ながらそれはとても小さな流れだと感じます。企業の流れも同様に変わっていません。若者の政治参加などを見てもまだまだな気がします。冷静に考えると、それもシニアの世代無関心さが原因ではないかと、反省します。

企業経営者を含むシニアが、流れを変えてほしい。それは政治家も同じです。
社会貢献も利益も共に考えることが重要。決して利益相反ではなくそれは共存出来る。
どちらかを優先し過ぎるとバランスが崩れる。
何事もバランスなのだと感じる。それがサスティナブル。
共通した行動KPIが大切。

『インパクトファンドでは、社会インパクトを最大化する投資先を選んでいるわけですが、投資のリターンにあたる内部収益率(IRR)は、他のファンドと比べても遜色ありません。
結果、社会的インパクトと金銭的リターンの両方が追求できていると言えるのです。両者は相反するものである必要はありません。
両者は両立できるのです。』
社会貢献と、ビジネス価値は両立。
両立してこそ、継続的成長する企業へ

セールスフォース、最初から、Day1から考えていたのですね。
学びました。”思いの強さ”、ですね。
この連載について
いま世界のビジネスは、社会をどう良くするのか、そのパーパス(存在意義)がかつてなく問われている。Z世代、気候変動、サステナビリティなど、社会問題とビジネスが融合する現場をNewsPicksがレポートする。

業績