新着Pick
147Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
正真正銘のブランド物は買えなくても、偽物ならいくらでも買えます。
問題は超高いブランドを身にまとって、自分は金持ちだよと閉めそうとしたら、今の中国社会ではダサいと思われます。
ユニクロ、無地の商品のほうが目立たないし、普通の市民生活よりいい暮らしをしているというこもないでしょう。
エルメス、ヴィドンなどを持つこと自体、今の中国ではあまり意味がなくなっています。
「新型コロナウイルス禍が深刻になる前、百貨店では中国本土客を中心にしたインバウンド(訪日外国人)向けの高級ブランドの販売が好調だった。コロナ禍が収束しても、中国のインバウンド消費はかつての水準に戻らないだろう。」(記事引用)

中国では高級ブランドが売れなくなっているとのことですが、私の認識とは異なります。

ファクトとしては、中国国内では海外ブランド商品はよく売れています。海南島の免税店ではブランド商品が飛ぶように売れていますし、阪急阪神百貨店が市にオープンした「寧波阪急」でも富裕層がよく買っているようです。

北京に住んでいるのでよく観察するのですが、周りの「小金持ち」の若者はみなさんブランド品を使っています。また、超富裕層の人たちが、好きな相手の気を引くためのプレゼント需要もあります。

中国の高級ブランド市場が、そんな簡単に縮小するとは考えられません。
ラグジュアリーブランドにとって中国は超重要市場。
個人的には14億人の人数的市場以上に、富裕層の桁が違う質的市場の方が中国市場の魅力だと思っています。
その意味で「共同富裕」の政策骨子や今後の波及発展はしっかりモニタリングが必要ですね。
中国政治の「見える手」によって世界の経済が左右されるとなるとこれは脅威だ。中国14億人の大市場は魅力かもしれないけど、それに依存しない市場構造を作らないとヤバいのでは?
テック企業、教育産業に続く次の標的は富裕層か。締め付けが強まれば、富裕層は高級ブランド品などを買いあさってはいられなくなる。欧州の高級ブランド企業の株価が軒並み下げたのは逆風が吹くとの懸念からだ
習近平さんは、貧富の差をなくす「共同富裕」を打ち出しましたか。江戸時代、日本では「奢侈禁止令」がたびたび出されましたが、それに似たようなもの。江戸庶民は表向きは質素に見えるけれど、中身に工夫を凝らし抵抗しました。中国ではどうでしょう。
もともと、エルメスやヴィトンのような高級品は、イタリアやフランスという出身国の国民はあまり使わないそうです。

「ヨーロッパに行っても、ヨーロッパの高級ブランドを身に付けた人は滅多に見かけない」
と言われて随分経ちます。

バブル期の日本や今の中国が主要な顧客なのでしょう。

中国富裕層が少なくなり、爆買いが縮小すれば株価が落ちるのも当たり前。

爆買い以前の状態に戻ったと考えるべきでしょう。
共産党の意図について源流は3つあると思います。(1)格差是正で庶民の生活に配慮する、(2)米上場など親米企業を締め上げる、(3)データを握ることで共産党や秘密警察以上の力を持ち始めたIT企業の力を削ぐ、です。共同富裕は(1)で、近年の腐敗や汚職防止の流れの延長と位置付けられます。全体感として、毛沢東以来の社会主義に回帰していると思います。アリババやディディなどの株価下落で大きな損失をヘッジファンドなど米投資家は出しています。しかし、共産党がBATを締め上げれば、代わりに浮上するのは米GAFAです。金の卵を生むガチョウをイデオロギーのために殺すのは暴挙だと思います。
昨日の中国の商務相のコメント、「来年の対外貿易、更に複雑な状況に直面も」にも関連する記事ですね。

現状の中国の株価も悲惨な状況ですが、日本最大とも言うべき、中国関連株のSBGも続落。日本株が25000を割っていないのがまた新しいパラダイムなのでしょうか。

またまた自由、もしくは自由主義が引き続き勝ち組である事をあらゆる指数や指標で可視化していってもらいたいです。
社会の所得分配の不平等さを図るジニ指数ですが、中国は2016年の0.465の発表以後、近年発表されていません。0.46-0.75と予測され、世界を見回っても非常に高い水準となります。(ジニ指数は一つの参考に過ぎなく、ジニ指数だけで全てを評価してはいけないと思います。)

近年、無差別事件、地域格差、教育格差などいろいろな問題が浮き彫となり、今マクロコントロールをしないと更に深刻になる可能性があると指導部が意識した結果ではないかと考えます。

業績