新着Pick
317Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
今オペラの稽古をしているが、合唱団と一緒のお稽古はいくらマスクとフェイスガードしていても正直言って怖い。コンサートも聞きに行くけれど、座席にじっと座って前を向いているだけだから良いのであって…座席がなく、じっと座ってもいないのは怖い。
ちなみに私がプロデュースしているコンサートやオペラは、12月まで全て座席は半分以下しか売らないことにしている。
フィフティ、フィフティかなと思います。

開催に踏み切った一歩はとても意義がありますし、Liveにいく方にしか得られない時と雰囲気と空気感があり、ミュージシャンの方々も、フジロックのレッドマーキーのステージに立つ事がひとつの目標でもあるのと、今後の創作活動にも幅や世界観が出来るので、そんな様々な思いが今ひとつになっていると思います。

個人的にはYouTubeで連日、楽しんで鑑賞していますし、LIVEの合間、合間に放映されている参加ミュージシャンの方々のインタビューから垣間見える、それぞれの想いや、感想が、なんか作家さん並み、いや、それ以上にいい言葉を選んでて、またいつか奥行きのある空間で、音楽を愉しみたくなります。

本日もYouTubeで放映されていますので、ビールやワイン片手にお時間許す方は是非ご覧になられてはいかがでしょうか。
サンボマスターの全国のフェスのタオルやTシャツを掲げた魂のこもったステージはホント泣けました。みんなの想いを代弁してるようでした。
北海道でもライジングサンやジョインアライブなどが2年連続で無くなってしまいました。運営の方の悲痛な想いもお聞きしてましたがホント苦悩の年月だと思います。
こういう分断を煽るようなメディアには憤りを感じますね。
開催するもしないも参加するもしないもどちらも正解。
アーティストが個々の判断で参加の可否を決めるのは誠実だと思いました。オリンピックアスリートの参加はするけど、参加の可否の責任は自分にあるように見せない姿勢に比べたら十分誠実です。出るのも出ないのも正解なのだから他責せずに自分の責任として堂々としてくれたらそれでいい。
そこそこきちんとした会社だったらPCR陽性なりましたからの行動確認でフジロック行きましたと言えばタダでは済まないと思う。
コロナ禍で職を失わずに済んでる人はなんとでも言えると言えばなんとでも言える。フジロックに行く人もやる人もそれはそれで一つの選択なのだろう。惜しむらくはもう少しワクチンが行き渡ってから出来てたら…とは思う。客が入ってるアメリカの大リーグとはそこが状況として大きく異なる。
もちろん、観客はマスクをしておとなしく聴いていたのだと思いたい。

英国のサッカー欧州選手権での6000人超の感染者、の二の舞にならないことを、祈りたい。
しょうもなさすぎる記事。感染のエビデンスがある訳でもなく、ただただ感情で非科学的な批判だけ。こんな記事書く記者は価値なし。
見出しが悪質な気がしますね。これだけコロナで抑圧されている中で何かイベントがあればそこに行きたいと思うのは当然でしょう。
それに音楽は人によっては趣味という言葉で済まされないほどの力を持っています。生きる原動力になってもいます。コロナだから、では諦めきれない力を持っています。仕方ないです。
一方でこの感染対策は運営としてどうなのか、疑問を感じ得ません。
みんなスケボーには厳しいけど、フェスには甘いなー
イベント再開はワクチン接種が一巡してからでいいでしょう