新着Pick
48Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
開催されるのがオリパラ、インターハイ(及び甲子園)、全中で、その他の学校関係を除いたアマチュアスポーツの全国大会は中止の傾向ですね。

私の周囲でも、
○全日本社会人バドミントン選手権in鳥取
→桃田選手の五輪後の第1戦、私も兵庫県予選を勝ち抜き初出場の予定
○西日本学生バドミントン選手権in福岡
→一緒に練習している学生達が出場予定
○全国ろうあ体育大会in兵庫
→ホスト県として運営のお手伝い予定
といった大会の中止が今週に決まっています。
オリパラはやって国体は中止…一貫性に欠ける姿勢が国民に不信感を植え付けるのです。
オリパラは実施、甲子園やプロスポーツは興行中。一貫性は保てないですね。

昔と違いアマチュアの大会は(一部競技を除き)競技団体ごとに増えているし、競技によっては国際大会などトップ選手は海外大会という舞台も増えている。
トップ選手の大半は国体に出なくなりつつあるし、競技レベルに疑問がつくような競技もある。高校生の大会はインターハイや全国大会のおまけみたいな位置づけだったりする。

高度経済成長期の国体(国内のオリンピック)は時代の役目を終えているので、国体そのものを実施可否含めて検討する段階に来ていると思う。持ち回りの自治体の負担も大きいので、もうやめたらどうかと思う。
少子化で各競技人口の減少が叫ばれる中、国民の体育、健康を促進するスポーツ予算の使い方は違った形でもいいのではないかと思う。
三重県で今秋開催予定の国体ですが、県が新型コロナ感染拡大を受けて、中止を検討するよう日本スポーツ協会などに要請したそう。