新着Pick
100Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
ターリバーンのカブール占領が8月15日でしたが、その直後は、混迷を極めました。結果論ではありますが、その時にあわてて脱出しなくても、欧米人はむしろ現在の方が安全に出国できています。
 ターリバーンの指導部は、欧米人に危害を加えたり、出国を邪魔する意図はありません。最大のネックは、欧米に脱出したいアフガニスタン人が空港に殺到していて、欧米人が安全に空港に入れないことでした。
 現在は、米英軍とターリバーンが協力して、アフガニスタン人の空港への立ち入りを制限することで、混乱はかなり収まっています。
 米英軍とターリバーンが協同して空港への立ち入りを管理している様子
https://twitter.com/SkyNews/status/1428048807338598408
 米英軍だけでは、空港に殺到するアフガニスタン人を、何ともしようがありませんでした。
 今の態勢が続けば、欧米人は残らず出国できるでしょう。脱出を希望するアフガニスタン人が出国できるかどうかは、かなり難しくなりました。米国としては、まず自国民の出国を優先するでしょう。
長いこと米政府が交渉を重ねてきたタリバーンからアメリカ人への攻撃は今のところ抑えられていますが、後段のアフガニスタン人については欧州行きが今の所多そうな背景についてメモしておきます。

バイデン大統領発言の「...米国と関係があるという理由で標的にされる可能性があるアフガン市民に安全な退避を提供するためにできる限りのことを行うつもりだ」とあるように8月2日の時点でピンポイントに方針が発表されていました。P-3、P-2優先。

https://www.state.gov/u-s-refugee-admissions-program-priority-2-designation-for-afghan-nationals/

P-3 米国に家族のいるアフガニスタン人
P-2 米軍や米政府関連業務で直接雇用や政府拠出によるプログラムで雇用されたアフガニスタン人、(アメリカ拠点のメディアに雇用されたアフガニスタン人)
P-1 国連やNGOで認められる人道支援、間接的に雇用されたアフガニスタン人はP-2ではなくP-1

しかし、その適応は現実には限定的となっており、米民主党議員を中心に一部の超党派議員は8月16日時点で緊急の人道支援の適応を求めています。特にジェンダー活動家、教育従事者、メディア従事者、女性指導層として「アメリカのミッション」に携わったが故に迫害されうるアフガニスタン人の救援が必要と。米の信任低下に関わってきそうです。

一方でトランプ支持だった層は(日本も全体的には...)難民受け入れにそもそも否定的で、その米国内世論の流れを受けてバイデン政権はオバマ政権ほどは熱心ではなかったと。

米政府系メディアの見解

https://www.voanews.com/us-afghanistan-troop-withdrawal/complex-us-refugee-policies-likely-limit-number-afghan-admissions
バイデン大統領は記者会見で米国人と米軍に協力したアフガン市民を庇護すると言っているが、数万人が対象となるのに、空港で領事業務を行っているのは20人(+20人増員予定)しかいない。これがボトルネックになって退避に時間がかかっている。
「米国の信認に疑問は生じていない。喫緊の使命を果たすためにパートナー国と結束している」 (@@。
米軍の一方的な撤退に疑問を抱くか抱かないかは米国が決めることではなく、欧州当たりで動揺が生じているとの報もあるようですが・・・ (・・;
撤退そのものの是非はさておいて、G7で唯一、自国民を救出するための飛行機を飛ばさず他国に依存したのが日本です。「アフガン軍が自国を守れない、もしくは守る意思がなければ米軍が駐留しても意味がない」と述べたと報じられるバイデン大統領の言葉は、核の傘を米国に依存し、通常兵器でも自ら反撃する抑止力を持たぬ日本には、それなりに重いように感じます。日本を敵視し日本に届く核兵器まで持つ国々に囲まれる状況下、何かの拍子に米国の世論が揺らいで政権がそれに従えば、尖閣諸島などあっという間に取られそう。米国が最終的に重視するのは自国の利益と自国民の安全であることがはっきりしたように感じます。欧州諸国も同じでしょう。米国は重要な同盟国で疎かに出来ませんけれど、本当に信頼しきって思いやり予算といったカネを出すだけで良いものか。なんだか疑問が湧いて来た (・_・)ウーン
とにかく今は目の前の危機対応が最優先ですが、今後なぜここまでアメリカ側の対応が遅れたのかは追及されるでしょう。バイデン政権は4月の時点でアフガニスタン撤退を発表しており、タイムラインも9月ということは公表済み。タリバン勢力を過小評価していたということでしょうか。4月の段階から早めに自国民のみならずアメリカ政府関係者のアフガニスタン人の出国手続きも出来なかったのかと.先週あたりまで表面的には大人しかったタリバン兵士もこの数日,残虐な行為が目立ち始めているという報道もあり,今後の展開が懸念されます。タリバンの性質を考えると,サイゴン陥落よりも状況は厳しいかもしれません。日本としては対岸の火としてではなく、人道的立場から,そして中立国的立場を活かして、積極的にハイリスクのアフガニスタン人の出国を援助すべきです。
ロジとしては、欧州に協力する形なるのでしょうか、ロイター通信が別記事で報じていましたが...

米、アフガン退避便を欧州に着陸へ カタール基地は限界に=政府高官(Reuters)
https://newspicks.com/news/6118570
タリバンと何らかの合意があるのかもしれませんね。
米国民だけでなく、米国に関係したアフガニスタン人の退避も確約してあげてほしいです。
そうしないと混乱が収まらないと思います。
バイデン大統領はアフガンからの撤退を正当化しているが、タリバン政権になればアフガン国民が不幸になる事は世界中が認知している。
アメリカ人は戦争したいし、世界の警察でいたいんでしょうね。バイデン政権も4年で終わりだろう、高齢だからどのみち無理か。
今ネットで話題

中国「米国は我々が助けなければ第2の 9.11 が起こるだろう」
https://twitter.com/search?q=%E7%AC%AC2%E3%81%AE911&src=trend_click&vertical=trends