新着Pick
103Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
SDGsに取り組む企業向け融資商品が増えてきましたね。千葉銀行のSDGsフレンズローンに似ている印象です。地方創生SDGs金融が実装されつつあるということなのでしょう。
SDGsの理解や取り組みに伴走する銀行員が増えるという意味でもマルだと思います。銀行員自体がSDGsやESGに対する理解を深め、最新情報のインプットを続けることが必須ですね。
SDGsは企業にとってはコスト増加要因だと認識されがちです。しかし、直接的には社会的な利益をもたらし、更にそれが人々の共感や応援の輪を広げることから、inclusiveを訳して包摂的成長をもたらします。こうした事例は古くからレガシーカンパニーとして日本に多く存在します。海外ではネスレやリプトンやセールスフォースが有名ですね。強欲と批判された株主資本主義に代わる新しい成長の理想的な姿として、アフターコロナの時代の主流になって行くと思います。金融がその移行を後押しするのは正しい方向性だと思います。
取り組みは評価できなくはないですが、申し込み期限が令和4年3月末までって、全然サステナビリティじゃない点が「?」です。
コンサルの部分もサポートしてくれるのかな。お金とPRだけでなく。この辺り、土地勘ないので気になります。

業績