新着Pick
177Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
気合を入れて独立したつもりが実は下請け、というケースは時々見ます。ついてきたメンバーからすればまさに「ぼったくり」。生き残るためにそれが必要だとすれば、「これを乗り越えると何があるか」を共有する必要があったのでしょう。それにしても、人が辞めるのは相当ショックだったと思うのですが、2回も乗り越えられたのはすごいと思いました。
いろんな失敗を乗り越えながらも前に進むヤバ里くん。人生は成功より失敗からの方が学びは多いね(笑)。
メンバー全員の退職、そしてぼったくりバーに引っかかった経験まで笑、失敗談をカラッと話す姿勢に、小野里さんの底抜けの明るさと度量の大きさを感じました
亀山さんは笑い話にされていますが、ビジョンがあるのとないのはとても大きな差だと思います。
"フランチャイズを全国に展開したいと思って、まだ石川にしか店がないのに、事務所に日本地図を貼って東京や大阪に赤い点を付けてたもんな(笑)。"

鳥貴族でも最初からチェーン展開を視野に入れていたことを思い出しました。
【鳥貴族 社長】従来の焼鳥屋と差別化して、新しい市場を開拓
https://m.newspicks.com/news/5772619
『スタッフ個人も幸せに、そして経営者側も業績が上がってうれしい循環を、世の中に提供できたかなと思ってます。』

店舗スタッフの一人一人の力を引き出し、それを仕組み化することでこんなに世界が変わるのか。こういう考え方好きだなー。スタッフ、お客様、会社の三方よしのグッドサイクル。
バイタリティが凄いですね。
飼育係でバカにされて1年耐えて家に帰らず働くだけでも驚きですが、借金を抱えて再起するまでもドラマのようなストーリー。
諦めなければ失敗はないと言いますが、それを体現していますね。
普通なら折れるポイントがありすぎる…。
学生の時に、2次会のカラオケで呼び込みの人に「前回来た時は◯◯店長はパフェとポテトチップスサービスでつけてくれたのに…無いと盛り上がった気分が台無しで寂しくなるじゃない!」と押し通してオマケしてもらったり、終電逃したのでタクシーの運転手さんに「3千円しかないので行けるとこまで行ってください…お願いします!」と言いながら、お金がないはずなのにコンビニ立ち寄ってもらってお茶買ったりして不審がられたことを思い出した笑

しょうもない話を気軽に笑って話せる機会が無くなってしまった今日この頃ですが、月曜日からまた頑張ろうと思えた回でした。
この連載について
NewsPicks人気連載が音声番組として復活。DMM.com亀山敬司会長がホスト役となり、毎回、経営者や文化人を招待。脱力系ながらも本質を突く議論から、新しいビジネスやキャリアの形について考えていく。