新着Pick
547Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
VR活用は、かなり画期的で効果的そうですね。興味津々です。いかに「俯瞰的に物事を見るか」ができれば、不必要な感情に左右されず、楽に生きやすくなりますね。

よく駆け出しの頃にアメリカ人の上司から、「Don’t take it personal!」と言われたのを思い出します。あまり個人的に受け止め過ぎると、不必要な感情が生まれてしまい、俯瞰的に見れない。何か嫌なことがあった時、「自分と相手の間に起きている単なる事柄なんだ」という見方をすると、両方の景色が第三者である自分が上から見ている感覚になり、ずいぶん楽になります。まるでVRで自分を見ている感覚。いかに俯瞰的に見るかが、大切ですね。
一見、哲学、宗教的な内容に見えますが、
基本的には、トラウマケアなどに用いられる心理療法の理論が背景にあるのだと感じます。

18の悪法は、認知行動療法の発展であるスキーマ療法で注目する早期不適応的スキーマを元にしているのではないかと思います。

https://www.google.co.jp/amp/s/bunshun.jp/articles/amp/47143%3fpage=3

マインドフルネスによって、自分の意識の流れを客観視する基礎を作ったうえで、自分を生きづらくさせている考え方のクセを修正する。

とても理に適った内容かと思います。

伊藤絵美先生の「自分でできるスキーマ療法ワークブック」もおすすめです。
VR×ヘルスケアの領域は海外では実用レベルに浸透しています。
日本でもちらほらと事例が出ている段階。
瞑想はハマれば効果は高いのですが、効果を実感できるある一定の領域に辿り着くまでには時間がかかります。
VRのようなテクノロジーもそうですし、サウナのような強制的に脳のDMM活動量を落とせる環境下に身を置くなど"楽に"効果を感じられるものに手を出すのも良いのかもですね。
若干話はそれますが、感情とはある特定の神経回路の働きによるアルゴリズムである、という考え方があります。例えば怒りなどの感情は、その回路を働かせれば起こるし、その逆も然り。
そうなると我々の思考もアルゴリズムであり、それは代替可能なのではないか、という仮説が出てきます。
自由意志は人間の尊厳の基礎となるものですが、科学的にはその実体が明らかになっていない。
個人的には、まだ分からないだけだと思いたいですが。
VRでのバーチャルな自己観察、体験したい。自分を客観視すると、ストレスが軽減するそうです。
心軽やかになった後に、「美徳」に集中できるようになりたい。


損得勘定で回っている世の中で、心軽やかになる術を身につけた後、自己中心的な人から足を引っ張られずに、善悪、美しい醜いという感覚を研ぎ澄ませて行動したい。
その美意識や善悪という感覚も脳がつくる虚構なのか、人間の本能の社会性から来る「解」なのかが気になった。

調べてみよう。
ここで書いてあるVRによって自分を客観視できるというのは、まさに世阿弥の言ってた「離見の見(りけんのけん)」と同じことですな。
この連載について
まるで預言者(プロフェット)のように、新しい時代のうねりをいち早く紹介するNewsPicksのインタビュー集。本質を見抜く視点を毎週つむいでゆくことで、ちょっと先の未来を覗こう。