新着Pick
1142Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
物流業界は、様々なところで、個別最適のせめぎあいがあり、合成の誤謬による不効率が発生している。データは、そこを変える可能性があるので、とても期待したい変化。

ただ、簡単ではない。
例えば宅配便のトラッキングなどを見ても、かなり進んでいるところもある。一方、あれはヤマトという大企業が情報システムに投資をして、それを付加価値としてきた努力のたまものとも言える。それでも、Amazonなどとの価格交渉や様々なサイズをどうやって時間通りに届けるかなど、極めて難しいオペレーションだし、人に頼っている部分が多い。
業界全体では、企業物流を中心に中小零細が多く、多層的な構造。そのなかで、記事にあるような荷待ちや積み込み・積み下ろしの時間が長い。データ化についても、ヤマトとかは昔からやってきたが、システム投資ができる企業は限られている。
そのなかで、スマホを誰もが持ち、使えるようになったことは大きい。誰でも、どこでもつながるし慣れている。トラックも、倉庫も、その周辺の渋滞の状況もわかると、理想論としては最適化できる可能性がある。
ただ、多層構造や価格交渉力、それぞれは早く届いてほしい(そして全体最適化は個別にとってはどうでもよい)という現状の構造課題は根深いし、簡単に変えられるものではないとも思う。大変なチャレンジだし、社会課題だからこそ、Soucoや他社含めた取り組みで変わっていくことに期待。
ロジスティックス、サプライチェーン系の投資は弊社でも多く今最もDXが進んでいる領域である。ここで議論のあるデータ活用による配送効率化はもとよりコロナにより大躍進するオンデマンド、EC化に対応する返品処理らCRM連動やEVトラックなどサブセクターレベルでも広大なフロンティアがある。
サプライチェーンはまだまだ問題課題多い=機会・ポテンシャル大きい
と、思います。
資源(時間、車両、人、物流在庫)がどこにどの状態であり、それぞれのプレイヤーが、次に何をしたい、ブルウィップの逆が回るようにしていく効果は大きいですし、
さらに、それぞのプレイヤーの需要予測、供給・生産の体制・予測と連動していくことで世の中全体の価値/効率がアップしていくことまで機会だと思います。
コンサルティングで知ったペインをもとに事業化
「ブロックチェーンの会社ではありません」のnoteで話題になったLayerXもコンサルティング起点でしたね
DXというのは無駄を無駄と感じない、複雑すぎて無駄の原因が分からないような部分をデジタル化し可視化、効率化を進めるのが順序なのだと感じます。
AIなどの先端技術をとりあえず導入するがDXではないとようやく認知されて来たのではないでしょうか。
非常に学べる内容で、特に物流における課題をどう解決するか、図と一緒に説明せれておりわかりやすい。
ブルウィップ効果は、システムシンキングでも学んだか、人のメンタルモデルが多いに関連し、かつ"時間差"という厄介な壁がある。その課題を解決する事はとても意義がある。

『小売店舗、卸売、メーカー間で情報が共有されていないために、人の意思が介入して必要以上に膨らませてしまうのです。
ブルウィップ効果を小さくするためにも、情報共有をデジタルにすることが最重要です。ロジスティクスの様々な課題の根源は、まさにここにあります。
もし発注する人が物流現場の在庫情報を把握していれば、「これだけのトイレットペーパーがあるなら、発注しても入らない」と判断できるはずです。』
ふむふむ
多くの人たちがターゲットにしていても、なかなか決め手がない理由が、少し理解できました。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません