新着Pick
151Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
上場企業が純投資で上場企業に投資するのは、よほどSBGにエッジがない限りSBG株主に説明がつかない。上場株を資金化し、未上場株へシフトするのは至極当然。
今ニュースにするほどの内容ではないし1.5兆円は売却益ではなく売却額。なお売却後の継続ホールド分もほぼ同額1.5兆円。ちなみにうち最大銘柄はAmazon。
益は前回決算開示の通り2千億円程度と全体の投資利益の1割強 https://newspicks.com/news/6088492

これは上場株投資小会社ノーススターの運用分、「ナスダックのクジラ」と一時期もてはやされたもののデリバティブ損失を計上し株主から非難が多かったこともあり昨年末あたりから漸次縮小している。

もっとも、上場メガテックのコロナ時期の値上がり分を十分享受したのち今年4-6月に半分売却して利確する一方で、未上場市場の活況とSPAC含めたテックIPOブームにより本業ベンチャー投資の妙味が十分に高いので、そちらにアロケーションシフトするのは、批判があろうがなかろうが純粋に投資戦略としてメイクセンスしている。
イスラエルでは、グローバル企業が買収してエコシステム(資金循環)していくが、SBGでは一社で資金還流を作り上げている。

どなたかが記載していたが、「未来貢献」というのが言い得て妙である。

恐ろしいというか、頼もしい存在にも映る。
「孫正義社長は保有株の売却などにより、ビジョン・ファンドを通じて未上場のテクノロジー企業への再投資を加速するエコシステムを確立しつつある。ソフトバンクGは2号ファンドへの出資コミットメントを400億ドルに増やし、孫社長自身も共同出資によりリスクとリターンを共有する。」
ソフトバンクグループ株式会社(英文社名: SoftBank Group Corp.)は、携帯電話等の電気通信事業者やインターネット関連会社等を傘下に置く日本の持株会社。固定電話やインターネットに関わるインフラ事業やインターネット・カルチャー事業がある。 ウィキペディア
時価総額
11.4 兆円

業績