新着Pick
44Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
金額で見ると前年同月対比輸出が37.0%増、輸入が28.5%増であるのに対し、数量ベースでは輸出が25.2%増と大きく回復したのに対し、輸入は大きく落ちた昨年からほぼ横這いの2.1%増に止まります。輸入が金額ベースで増えたのは、我が国が輸入に頼る資源の価格が諸国の景気回復等で上がったからで、決して喜ばしいことではありません。
海外の景気が良いと輸出が増え、国内の景気が良いと輸入が増える傾向がありますが、コロナ禍による行動制限を外して米欧中の景気が急速に回復しているのに対し、日本だけが遅れる様子がこんなところにも見て取れます。
欧米諸国と比べると日本の感染状況は遥かに軽く済んでいるにも拘わらず、緊急事態宣言とまん防が延々と続いて世界に取り残されるのは何故なのか・・・ 本当に不思議な日本のあり様です (・・:
【参考】
<人口100万人あたりの累計陽性者数と死者数>
日本 8,612人(122人)
米国 109,992人(1,872人)
英国 92,508人(1,957人)
フランス 93,125人(1,661人)
<8月9日までの1週間の人口10万人あたり新規陽性者数と死者数>
日本 88人(0.1人)
米国 269人(1.3人)
英国 298人(0.9人)
フランス 222人(0.5人)
季節調整値だと、6月の貿易赤字から7月に黒字に転じた格好となっています。
ただ、輸出のみで見ると7月は前月から小幅マイナスですので、黒字に転じた主因は前月から輸入が減った要因が大きいです。