新着Pick
28Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
【社会】この事案についてのコメントでけっこう驚くのは、名古屋入管側の高圧的な対応に対して「不法滞在者なのだから仕方がない」という言説がまかり通ってしまうこと。たしかに不法滞在それ自体についてはウィシュマさんが責められるべきことかもしれないが、ウィシュマさんはDV被害を受けており、スリランカに帰国すれば家族にも危害を加えるという脅しを受けていたことから帰国することができないという事情があったことは斟酌すべき。

また、不法滞在者や犯罪者だからといって国家権力が高圧的かつ暴力的な対応を取ることは許されないし、日本の国内法ではこれを厳に禁じている。今回の事案はその内容から特別公務員暴行陵虐罪や同職権濫用等致死傷罪に問われてもおかしくないという点にはもっと認識されても良いはず。

追記:
この件に関する解説と当局側の調査報告については以下を参照すると良いと思う。ウィシュマさんの事案は、単純に取り調べが苛烈だったというだけではなく、その処遇があまりにも人権を無視し、非人道的なものであったという点。他の自由民主主義国家と比較してもその処遇に問題があったことは明らか。本来であれば、刑法に定める特別公務員暴行陵虐罪や同職権濫用等致死傷罪に問われてもおかしくない処遇であり、収監者に対する同様の処遇は名古屋刑務所暴行陵虐事件(2001年)において有罪判決が下されている。

収容中のスリランカ人女性ウイシュマさん死亡問題。最終報告書で明らかになった名古屋入管の問題点とは
https://newspicks.com/news/6096505/

調査報告書概要
https://www.moj.go.jp/isa/content/001354105.pdf

調査報告書
https://www.moj.go.jp/isa/content/001354107.pdf
法務省の人だって、入国管理局の人だって、みんな属しているコミュニティもあるし中ではきっと良い人でしょうし、家庭もあるし家庭に帰れば良きパートナー、良き親なんですよね。

ところが、こと組織人になると人間って豹変してしまうんですね。世の中でなにより尊い人の命が失われたというのに人として当たり前の良心さえ捨て去って組織の論理を優先。

組織をひとたび離れれば良い人なのに、人命や倫理を無視してでも全力で組織を守ろうとする心根と来たら。。。

いま企業の世界では「企業は何のために存在するのか」という存在意義=パーパスを問われ、サステナブルな企業を目指す旅に向かっているわけですが、国家に尽くしてる国家公務員なら本来はさらにその上を行くレベルでパーパスを体現すべきでしょう。

いったい何のために働いているのでしょうか。
なぜ開示できないのだろうか…。