新着Pick
435Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
AI創薬にヤバいレベルのビッグウェーブが来ている。チェルビック・キャピタルのマット・チェンさんからのレポートです。

2020年の投資額は前年比4.5倍(!!!)の約1兆5000億円に。2021年に入ってからも大型投資ががんがん決まっています。

なぜこんなビッグトレンドが起きているのか?実は長年製薬業界を苦しめ続けてきた、ある「不都合な法則」をAIが打破してくれる……そうした可能性が見えてきたためだといいます。

AIは薬の何を変えようとしているのか。ぜひご一読ください。
これからの時代、創薬開発にAIは必須ですが、ゲノム情報を活用して疾病の原因となる遺伝子やその遺伝子が作るタンパク質情報を探し、当該タンパク質に結合する分子や抗体から薬を創るゲノム創薬開発が重要になると思います。
特定の疾病に合わせて薬を効率よく開発できるだけではなく、特定の疾病や対象患者の遺伝子情報を活用して開発されるため、副作用が少なく効果が高い創薬開発が期待できます。
「イールームの法則」初めて聞きました。私がMBAにいた35年前にも「創薬のために、アマゾンの奥地で原住民がどんな治療法を使っているかを調べる」スタートアップのゲストの話を聞いたことがありますが、ますます大変になっていることがよくわかりました。
mRNAワクチンにAlphafold2とバイオ×AIの破壊力が多くの人の目に明らかとなってきた。そしてこの分野で国内勢は決定的に出遅れている。ワクチンの治験が繰り返し遅れ、データ捏造で論文撤回となったイベルメクチンなどコロナを取り巻く状況がその事を象徴している
「イールーム(Eroom)の法則」…製薬だけでなく、膨大な組み合わせ問題と、その最適化が問われる分野、例えば新素材開発などでも、全く同じだと思います。

AIが活用される主戦場になるでしょう。

(以下、記事中から引用)
ムーアの法則はよく知られていますよね。米インテルの創業者の一人であるゴードン・ムーアが唱えた、「半導体の集積率は18カ月ごとに2倍になる」という経験則です。
このムーアの法則に従って、半導体の性能は指数関数的に成長し、私たちは年々安価でパワフルなコンピューティングパワーを享受しているわけです。
がんがんコストパフォーマンスが上がる半導体業界と真逆のトレンドにあるのが、製薬業界です。統計によると、1950年代以降、10億ドル(約1100億円)の投資額で生み出せる新薬の数は9年ごとに半減しています。
要するに創薬が指数関数的に難しくなっているのです。ムーア(Moore)の法則の反対ということで、逆さ言葉で「イールーム(Eroom)の法則」と名付けられました。「逆ムーアの法則」と言ってもいいでしょう。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
あとはクラウドの台頭が大きいですよね。
Ex : https://aws.amazon.com/jp/solutions/case-studies/eisai/
AI創薬の魅力はスピードです。コロナワクチンでそれが証明されました。人類に対する貢献度は高い。
mRNAワクチンは5月にはすでに完成していて、その感触からワープスピード作戦が始まったと記憶してるよ。ワクチン開発のネックは、治験と製造の困難が大きい気もするけど、AIはどこらへんに使われたのかな。

コロナ治療薬もコンピュータから「候補薬」がたくさん出てきたけど、未だに結果を出せていない。

フォールディングはたしかにコンピュータの難問だったけど、それがどう応用できるのかいまいちわかってない気もする。
”10億ドル(約1100億円)の投資額で生み出せる新薬の数は9年ごとに半減”
この連載について
中国などの世界最新ビジネストレンドを紹介する週間連載。独創性にこだわりすぎず、競合の長所はすぐ学ぶ。「Think Different(異端であれ)」より「Think Different, Later(やってから考える)」な事例を取り上げる。
ソフトバンクグループ株式会社(英文社名: SoftBank Group Corp.)は、携帯電話等の電気通信事業者やインターネット関連会社等を傘下に置く日本の持株会社。固定電話やインターネットに関わるインフラ事業やインターネット・カルチャー事業がある。 ウィキペディア
時価総額
10.8 兆円

業績