[シドニー 16日 ロイター] - ラグビーの元オーストラリア代表で、現在トンガ代表監督を務めるトウタイ・ケフ氏(47)は16日未明、ブリスベンの自宅で強盗により腹部を刺された。家族も負傷したという。オーストラリアの地元メディアが報じている。

オーストラリア放送協会(ABC)によるとケフ氏は夫人と2人の子どもとともに病院に搬送されたという。警察によるとケフ氏は当初危険な状態だったが、命を取り留める見通し。犯行現場ではナイフ、斧、なたが発見されたという。

ケフ氏はオーストラリア代表として通算60試合に出場。ワールドカップ優勝経験を持つ。

警察は15歳の青年2人の身柄を拘束。3人目の容疑者の行方を追っている。